国際情報

NY「野球の聖地」訪問の駐在妻 現地の商魂の逞しさに愕然

おぐにあやこ氏は1966年大阪生まれ。元毎日新聞記者。夫の転勤を機に退社し、2007年夏より夫、小学生の息子と共にワシントンDC郊外に在住。著者に『ベイビーパッカーでいこう!』や週刊ポスト連載をまとめた『アメリカなう。』などがある。おぐに氏が、「アメリカの少年野球事情」について解説する。

* * *
「野球殿堂」で有名なニューヨーク州クーパーズタウンに、念願かなって行ってきた。息子の野球チームが、この村で行なわれたトーナメント大会に出場したからだ。

クーパーズタウンは、野球ファンにとってはまさに「聖地」だ。「野球発祥の地」という神話(実は作り話らしい)で知られているほか、「野球殿堂」には数々のメジャーリーガーの記録はもちろん、イチロー選手や松井秀喜選手らのユニフォームやバットなんかも飾られている。

もっとも、「聖地」という言葉の響きに、何か神聖で厳かな雰囲気を期待してた私は、実際に村に着いてみて、あれれれれ? 野球殿堂の周辺には、記念バットやサイン入り野球カードなど、観光客を当て込んだ土産物屋がずらり。村の民宿の名前もレストランのメニューも、野球に絡めたものばかり。恐るべし、野球ビジネス。これじゃ「聖地」というより、「野球のテーマパーク」だよ。

息子たちの参加した大会の施設にも驚いた。少年用の野球場がなんと22面! そこに1400人宿泊できる寮や、打撃練習場が並ぶ。毎夏、1週間のトーナメント大会が13回行なわれ、全米やカナダから毎週104チーム、合計1350チームがやってくるんだって。

商売上手なのは、12歳チームに対象を絞っていること。アメリカの野球少年にとって「12歳の夏」は特別な意味を持つ。小さなリトルリーグ用球場(塁間60フィート)でプレーできる最後の季節だからだ。お陰でここのトーナメント大会は、今や知名度でも規模でも全米ナンバーワン。「一生に一度しかない“最後の夏”は、野球の聖地クーパーズタウンに行こう」ってのが、今どきのアメリカの野球少年の夢であり、野球オヤジのロマンなのだ。

それにしても、野球の「聖地」がこんな風に、少年野球ビジネスに熱くなっているとは! ひと夏に約1万6000人の選手を集めるというから、選手の参加費収入だけで、なんと10億円!? 家族の宿泊・飲食費まで考えたら、「聖地」への経済効果は、いったい幾らになるのやら。さすがは、スポーツビジネスの先進国アメリカ。でも、野球少年の純粋な夢を商売のタネに、ここまで儲けちゃっていいのかなぁ~。

※週刊ポスト2011年8月19・26日号
(「ニッポン あ・ちゃ・ちゃ」第156回より抜粋)

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン