国内

後藤田正純議員が不倫したホステス 源氏名と顔を変え再出発

銀座のネオン街は常に時代の〝勝ち組〟たちに愛されてきた。高級クラブで飲むことが成功の証とされ、その時々の最も勢いのある業界、人物が街を闊歩した。しかし今、銀座もまた未曾有の不景気に覆われている。黄昏の銀座――そこにはもうひとつの物語があった。

銀座のクラブホステスにとって、源氏名は商売の要。名前を売り贔屓の客を増やし、いずれは自分の店を持ちたい――そんな夢を抱きながら、店を変わっても同じ名前を使い続けるホステスは多い。

ところが、とある銀座の高級クラブで、最近こんな一幕があった。

「今日から新しくみんなの仲間になった『A花』ちゃんだ。仲良くしてくれ。それから、『A』ちゃんは先週で店を辞めることになった。よろしく頼む」

店長の挨拶を聞いていた女の子たちは、横で頭を下げるA花さんを覗き込むようにジ~ッと見つめて目が点になったという。それもそのはず、目は以前よりパッチリとし、鼻も若干高くなった感じだが、どこをどう見てもAちゃんその人ではないか。辞めた? 別人? どういうこと? 皆のとまどいをよそに、本人は平然と微笑んでいた……。

実は今年6月、『フライデー』が自民党の後藤田正純衆議院議員(42)の浮気現場写真を掲載したが、そのお相手だった銀座クラブホステスこそ、Aさんなのである。

記事によれば、後藤田氏は六本木のバー内でAさんの肩に手を回してキスをするわ胸を揉みしだくわのご乱行。そのうえ彼女を赤坂の衆院議員宿舎にお持ち帰りしてしまった。その一部始終を撮られてしまったのだから、当然、銀座も永田町も大騒ぎになったのは記憶に新しい。

「Aちゃんは騒動の後、表情も暗くて、どこか思い詰めたような感じだった。体調を崩して週に1~2回しか出勤しないことが多く、同伴もめっきり減った。あれから4か月あまり経って、最近ではようやく表情が明るく、吹っ切れた印象になってきたんだけどね」(常連客の一人)

店の関係者が嘆息しながら語る。

「お客さんの中には、まだ『お前だろ、あの写真は』とからかう人がいるんです。彼女は笑ってやり過ごしてましたが、やっぱり辛かったんでしょうね。

でも、本人としては、ホステスとして悪いことはしていないという思いもあるし、常連客がいるから、周囲に何をいわれようと店を辞めるつもりはない。そこで騒ぎの当事者Aは辞めたことにして、よく似てはいるが顔も名前も違うA花として、心機一転出直すことにした、ということのようです(苦笑)」

これぞ銀座ホステスのド根性というべきか。そこまでするとはアッパレ、拍手したくなってくる。

ある店の関係者の話。

「彼女は親しいホステスに『鼻筋を高くして、目をパッチリさせた』と話していたようだね。『(整形は)そんなに高くも危なくもないよ』なんて笑っていたみたいだけど、どこかからまとまったお金が入って、それを使って整形したなんて噂している子もいるよ」

※週刊ポスト2011年10月28日号

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン