芸能

順調に仕事復帰を果たす小室哲哉の陰で酒に走っていたKEIKO

 突然のくも膜下出血に襲われ、現在治療中のglobe・KEIKO(39)。夫である小室哲哉(52)の復帰ステージとなった2009年8月の夏フェスで、globeとしてステージに上がって以来、表舞台からは遠ざかっていた――。

 2008年11月、著作権譲渡をめぐり投資家男性から5億円を騙し取った容疑で逮捕された小室は、2009年5月に懲役3年執行猶予5年の有罪判決を受ける。実刑を覚悟していたという小室だが、執行猶予がついたことに、「チャンスをいただいた」といって、犯した罪を必死に償おうと作曲活動に打ち込んでいった。再起を図る夫を、KEIKOは妻として支えた。音楽関係者はこう語る。

「それまで暮らしていた家賃200万円超のセレブマンションから、10分の1程度の家賃のところへ引っ越し、つましい生活を送っています。KEIKOさんは、それまで苦手だった料理もするようになったんです。偏食の小室さんのために、好きな具材のおにぎりを作ってスタジオに持たせたり、家に帰ってきたときには好物のオムライスを作って待っていたりと、彼の体調管理には人一倍気を使っていました」

 かつてのような派手さはないものの、地道に完全復帰への道を歩んでいる小室の姿を喜んでいた一方で、KEIKOは複雑な思いを抱えていたという。

「裏方として小室さんを支えていましたけど、KEIKOさんも一度は頂点に立ったアーティストだけに、小室さんの姿を見ながら、“自分も、もう一度、あのころに戻りたい”という思いを強くしたみたいですよ」(別の音楽関係者)

 しかし、小室が作曲家としての活動が忙しくなってしまったために、ふたりが所属するglobeの活動はストップしたままで、KEIKOはなかなか歌う機会をもてなかった。

「KEIKOさんは小室さんが仕事でいないときは、ほとんど外出しないで、家に引きこもっていることが多かったみたいですね。ゲームばかりやっていて、“ジムに通わなくても、ゲームでトレーニングができる”なんていってましたから…。それに、お酒もかなり飲んでいたみたいです。近くのコンビニで、アルコール度数の高い缶酎ハイを買ってきては、家で毎晩のように何本も空けていたそうです」(知人)

 家にひとり残されたKEIKOは、順調に仕事復帰を果たしていく夫に、自分だけが取り残されているような孤独感を感じるようになったのだろう。それを埋めるためにアルコールに頼る日々を送っていたようだ。

※女性セブン2011年11月17日号

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト