• TOP
  • 国内
  • 東大院生町議の恋人 「えなりかずきを少し男前にした感じ」

国内

2011.11.07 07:00  週刊ポスト

東大院生町議の恋人 「えなりかずきを少し男前にした感じ」

先日、25歳にして新潟県の津南町で議員センセイとなった桑原悠さん。現役の東京大学大学院生でもある彼女は、先月末、津南町議選史上最多得票でトップ当選し、瞬く間に才色兼備の「美しすぎる町議」として全国区の有名人となった。

桑原センセイ、フェイスブックも活用している。記者も早速友達になろうと彼女のページを見ていくと、好きな本はサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』、映画は『ラヂオの時間』など。これなら40代記者でも話が合いそうと気をよくしていたが……見つけてしまった、「交際中」の3文字を。

誰でも見られる基本データ欄で、周囲を気にせず堂々と交際宣言できるのは、やはり若さと実行力の賜物だろう。その交際男性は実家の農場で働く桑原センセイの5歳上の青年で、ご近所さんによると、「えなりかずきを少し男前にした感じ」だという。

「その農場は彼女の自宅のお隣さん。100mも離れてないわ。選挙中もスタッフとして頑張っていたわね。彼は中央大学で政治学を専攻した秀才よ。卒業後は農場内の養豚場を継ぐために研修として1年ほど、群馬にいっていたそうだわ。

農場は今もお祖父さんの威厳が強くて大変だけど、彼もしっかりしていますからね。『越後もちぶた』っていうブランド豚で頑張っていますよ。長男だから、もし嫁で入るとなると、あのお祖父さんは大変だね」(ご近所さん)

婦唱夫随というにはまだまだ2人とも若いが、「日本の農業をなんとかしたい」と町議になった桑原センセイにはこれ以上ないパートナーだろう。

※週刊ポスト2011年11月18日号

関連記事

トピックス