• TOP
  • ライフ
  • 「ハゲ親父だから子供もハゲ」というほど遺伝は単純ではない

ライフ

2011.12.19 07:00  週刊ポスト

「ハゲ親父だから子供もハゲ」というほど遺伝は単純ではない

「父親が脱毛症で、祖父は一本もない。しかも母親の父も髪の毛が少ない」

そんな人は確実に脱毛症になるのか? 大阪大学大学院教授の板見智氏は、そのような不安を持つ人に対し、こうアドバイスする。

* * *
確かに男性型脱毛症は遺伝します。この遺伝の仕方は「多因子遺伝」といい、メンデルの法則のような「単因子遺伝」とは異なります。だから、親に毛がないから、その子も、というような単純な話にはなりません。ただ、親の問題が子供にふりかかってくる可能性は高いですね。

とはいえ60歳以上の日本人男性の半分が男性型脱毛症になる、という事実もあります。それなりに長生きするなら、遺伝にかかわらず2人に1人は脱毛する、と考えて下さい。

※週刊ポスト2011年12月23日号

関連記事

トピックス