• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】学校では英語もいいが義理人情も教えるべき

国際情報

2011.12.24 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】学校では英語もいいが義理人情も教えるべき

アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「教育」編である。

* * *

●C‘est bien d’enseigner l‘Anglais dans les écoles mais il faudrait aussi enseigner le bon sens,le devoir et  l’humanisme.

学校で英語を教えるのはよろしいですが、常識や義理と人情も教えたほうがいい…!

●Le professeur ne peut pas gronder les élèves,mais se fait gronder par les parents!

先生は生徒を叱れないが生徒の親に叱られる!

●Auparavant on voulait voir le visage des parents d’un certain enfant,maintenant on  voudrait voir le visage de l‘enfant de certains parents!

昔はあの子の親の顔が見たい、今はあの親の子の顔が見たい!

関連記事

トピックス