芸能

さとう珠緒が吉田豪に告白「全裸写真集600万って言われて…」

さとう珠緒39歳が赤裸々告白

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子といった様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する。ここでは6月29日に配信された21号より「吉田豪の今週のオピニオン」の一部を公開する。

 相変わらずのぶりっ子キャラ…いや、可愛らしいキャラで39歳とは思えないほどの美貌を持つさとう珠緒。そんな彼女に、事務所の社長夜逃げ問題、ヘアヌード、AV出演など、一連の騒動について、プロインタビュアー・吉田豪が突っ込むと、ちょっとプンプン、基本的にのらりくらり、結果的に“なんとな~く”答えてくれた。さとうの本質に迫る爆笑インタビューをどうぞ!

 * * *
──AV出演の噂もありましたよね。AVの制作でも有名なメーカーから映画のオファーがあった話がAV出演の噂に発展したんじゃないかって、ご自身は答えてましたけど。

さとう:そうなんですよ。…なんとなくわかってもらえました?

──ええ、なんとなく。MUTEKI的なものというか。

さとう:フフフフ。でも、リアルにそんなのあると思います? AVとか。

──Winkの鈴木早智子さんがやった的なパターンかなと思うじゃないですか。アダルトイメージビデオと呼ばれるものと連動して普通の映画も撮って、「あくまでもこれは映画の延長です」的な。

さとう:ああ、なきにしもあらずですね。そう思うと、あるかもしれないと思います。

──ご自分としては「そういう話は勘弁してください」っていう感じなんですか? オファーがあったら心は動くんですか?

さとう:AVですか? いまのAVってエグいじゃないですか。

──ピンキリだと思いますよ。小向美奈子さん的なものはエグいですけど、芸能人的なものは全然エグくないです。みなさん、かつてのVシネレベルですね。

さとう:そうなんですか? 本当にヤッてるかどうかわかんないぐらいの感じ?

──あきらかにヤッてないのがハッキリとわかるから、みんな騙された感でいっぱいなんですよ。

さとう:そうなんだー。それは観てるほうも「なんだこれ?」みたいな?

──ボクもタレント本の流れとして鈴木早智子さんのとか買ったんですけど、衝撃を受けましたもん。「なんだこれ?」って。ただのイメージビデオでしたね。

さとう:さっき、私が全裸で写真集を出したらいくらになるか、みたいな番組の企画があったんですけど、600万って言われて…微妙な。…えーっ、そうなんだと思って。

──出版不況の中でいくら出せるかっていうところからリアルにはじき出した数字な気がしますけど、せめて年収分ぐらいは欲しいですよね。

さとう:うん。でも、「これは高いほうだ」とか言われて。隣にいた若い女の子は400万だったんで、200万多かったから(笑)。

──ちょっとプライドが保たれて(笑)。

さとう:でも600万か…みたいな。

──かつてのヘアヌードバブルの頃だったら、ものすごい金額が提示されてたはずなのに。

さとう:宮沢りえさんなんかすごい貯まったでしょうね(笑)。

【さとう珠緒 主演公演情報】
『“特攻の母”鳥濱トメ生誕110周年・没後20周年記念舞台』
☆新潟公演☆
平成24年7月4日(水)19時開演 長岡市立劇場大ホール(新潟県長岡市幸町2-1-2)
前売り=3,000円 当日=3,500円(全席指定税込)
詳しくはオフィシャルブログを御覧ください。

■撮影/ヤナガワゴーッ!

※メルマガNEWSポストセブン21号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン