国内

【衝撃連載1】27歳監禁女王様が19歳調教彼氏に殺されるまで

〈八方塞がりの絶望的な状況に陥っており、本人にとっては殺人という選択肢しか残っていなかったと理解することもできる〉

 殺人もやむなし――。7月9日、仙台地方裁判所で下された判決には、犯行当時19歳だった被告男性の心情を斟酌する、異例ともいえる文言が含まれていた。2人の歪んだ愛の形が悲劇を招いた――。

 * * *
 2011年4月、東日本大震災の爪痕が深く残る宮城県亘理町荒浜地区。津波によるガレキで埋め尽くされた無人の街で、吉田明被告(仮名・当時19)は、誰もいない家に侵入し、テレビ、コンポ、自動車のタイヤなどを次々と盗み出していた。

 吉田は、この盗みは8歳年上の恋人である大船美絵さん(仮名・当時27)に命じられてやったことだと後に供述している。

「換金してラブホテル代に充てるためだった――」

 この頃、吉田の生活はすべて美絵さんの「いいなり」になっていた。

 昨年2月以降、吉田は美絵さんに許可をもらわなければ、自由に食事することもできなかった。尿意を催しても、彼女が認めなければトイレに立つことも許されない。2人はもはや愛し合う恋人同士ではなく、「女王と奴隷」ともいうべき隷属関係だった。吉田の我慢が限界に達するのは、もう時間の問題だった。

 そして同年9月、宮城県蔵王町の山林で美絵さんの全裸遺体が発見される。白骨化した遺体は、動物に食い荒らされたのか、頭蓋骨などが散乱した状態で見つかった。吉田が殺人と死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、遺体発見から間もなくのことだった。

 女王と奴隷、そしてついには殺人事件の加害者と被害者――。いつしか異常になってしまった2人の関係だが、出会った当初はごくごく普通の恋人同士だった。

 吉田は高校卒業後、地元である宮城県蔵王町のホテルで働いていた。フロントでの接客などをこなし、「職場では真面目で明るく人気があった」(ホテル関係者)という。

 一方の美絵さんは、蔵王町から車で30分ほどの町に住む無職の女性だった。地元の資産家の娘で、周囲に「日本舞踊の名取になりたい」と語っていたが、高校卒業後は定職に就かずアパートでひとり暮らしを続けていた。彼女を知る友人がいう。

「化粧っ気はなかったが、顔立ちの整った細面の美人。気が強く、自分の考えを決して曲げない勝ち気な女性でした」

 そんな2人が知り合ったきっかけは「出会い系サイト」だった。吉田は、仕事に慣れてきた2010年の夏頃から、彼女欲しさに、たびたび利用するようになっていた。2010年の12月に2人は知り合い、11年元旦に交際が始まった。美絵さんは、吉田には実際より3歳若く「24歳」と伝えていたという。

 吉田にとって、美絵さんは「初めての女」だった。冒頭陳述にはこうある。

〈被害者は被告人にとって初めての彼女であり、また肉体関係をもった初めての女性でした〉
〈交際をはじめた当時の被告人は友人からみるととてもうれしそうだったということです〉

 高校を卒業して社会人になったばかりの吉田にとって、初めての快楽を味わわせてくれる年上の女性との交際は、何物にも代え難いものだったろう。

 しかし次第に美絵さんは意外な性向を現わし、吉田を翻弄し始めたのである。(つづく)

※週刊ポスト2012年8月3日号

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB