国際情報

中国初の女性宇宙飛行士 Nikonのカメラ隠して地球撮る

 中国は経済の目覚ましい伸長とともに技術革新も著しい。しかし、依然大メディアの報道からは見えない部分が多いのもまた事実。中国に詳しいジャーナリスト・富坂聰氏が指摘する。

 * * *
 今年六月、中国にとって国威発揚となる重大ニュースが空と海から相次いで届けられた。

 一つが先に打ち上げた天宮一号と神舟九号の手動によるドッキング成功ニュースである。そしてもう一つは、中国がマリアナ海溝で行なっていた深海探査で、それまで最深記録を誇ってきた日本を上回り中国の「蛟龍号」が七〇〇〇メートルの深海に達したというニュースであった。

 いずれのニュースもメディアが大々的に報じたために、中国の技術革新が凄まじい勢いで起きていることを国民に印象付けたに違いない。

 なかでも天宮一号と神舟九号の有人宇宙飛行実験については、中国初の女性宇宙飛行士の誕生として既にNEWSポストセブンでも取り上げたとおりであるが、宇宙から帰還したカプセルが内蒙古に着地して以降のはしゃぎっぷりは異常なほどであった。

 女性を含む三人の宇宙飛行士たちの宇宙滞在時には、地上との交信では例によって様々なイベント的な報道が目立っていたのだが、その露出の多さのなかでも徹底して隠された一つの情報があったことは案外知られていない。一体何か?

「実は女性宇宙飛行士が持っていたものなのです。宇宙からの地球を撮影する際に手にしていたカメラなのですが、それがニコン製だったのです。テレビの映像では、そのブランドが分からないようにかなり気を使っていました」(北京のメディア関係者)

 国威発揚の使命を負った宇宙で、日本製のカメラはいかにもまずかったということか。中国も案外デリケートなのかもしれない。


関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン