• TOP
  • ビジネス
  • 貯蓄性のある保険 中途解約時に「元本割れ」するのはなぜ?

ビジネス

2012.08.14 07:00  週刊ポスト

貯蓄性のある保険 中途解約時に「元本割れ」するのはなぜ?

 生命保険の宣伝文句で「しかも掛け捨てじゃない!」というのを聞いたことがある人は多いはずだ。貯蓄性のある保険には、終身保険、養老保険、学資保険、個人年金保険などがあるが、本当に有利なのか。

 養老保険を例に見てみよう。10年満期で500万円の養老保険の場合、加入から10年間のうちに加入者が死亡した際には、500万円の保険金が支払われる。

 しかも養老保険には死亡保障と同額の満期金がつき、無事に過ごして満期を迎えると、500万円が支払われる。

 ただし、大きな落とし穴がある。銀行の預貯金では考えられないことだが、保険では加入者が支払った保険料のすべてが積み立てに向かうわけではない。そこから保険会社の経費や代理店への手数料が差し引かれるため、早い段階で解約すると「元本割れ」が起こる。

 例えば、35歳男性が大手生保に加入した場合、年間保険料は50万円を超えるが、契約から2年後に中途解約すると、払い戻されるのは、払い込んだ額の84%程度だ。貯蓄のつもりで100万円払ったのに、16万円もお金は減る。

 ベストセラー『生命保険の「罠」』(講談社刊)の著者で、「保険相談室」代表の後田亨(うしろだ・とおる)氏は、こう解説する。

「株や投資信託などの金融商品ではありえないですが、加入直後にゴソッと手数料が引かれ、大きなマイナスから運用がスタートします。高額な手数料は1年目で解約したときの返戻金を見ればわかります。貯蓄をしたい、運用がしたいなら、保険以外の金融商品を検討すべきです」

※週刊ポスト2012年8月17・24日号

関連記事

トピックス