スポーツ

かつての大阪球場 選手から客席の女性のパンツ丸見えだった

 今は亡き昭和の野球場をたどるこのコーナー。今回は、当時の南海ホークスが本拠地を構えていた大阪球場のエピソードを紹介する。大阪の中心・難波駅の目の前という絶好の立地を誇ったこの球場。その内部ではこんな秘密もあったようで……。

 1950年の大阪球場の建設は、GHQ(連合国総司令部)の経済科学局長・マーカット少将の一言で決まった。当時、阪神は甲子園、近鉄は藤井寺、阪急は西宮と、球団を持つ電鉄各社は、それぞれ自社沿線に本拠地球場を持っていた。土地が安価なうえ、球場まで観客を運ぶ運賃収入のメリットがあったからだ。

 しかし南海にはなく、少将が本拠地を訊いた時、南海は「大阪ですが球場がないので甲子園を借りています」と答えた。それを聞いた少将が、大阪・ミナミの南海本社と隣接する専売局(現日本たばこ産業)の工場跡地を払い下げ、球場を造ることを認めたのだ。

 しかし南海は、土地の高い繁華街の中に造る球場での収益に不安を感じていた。そこでスタンド下に事務所や店舗を入れ、不動産による安定収入を得ることを考えた。先に球場経営を行なっていた阪急グループ創業者・小林一三に相談したところ、「当初、私も西宮で同じことを考えていた」と賛同を得られたため、球場のスタンド下は、店舗・事務所はもちろんのこと、ビリヤード、卓球、ボウリング場まで兼ね備えた施設になった。

 狭い敷地にできるだけ多くの観客席を造ったために、スタンドの傾斜は非常に急で、内野席の傾斜は37度に達した。試合では7回になると、灰田勝彦が歌う「ホークスの歌」が流れ、合唱するために一斉に観客が立ち上がったが、下を見るのも怖いほどだった。

 だがこの急傾斜のスタンドは、選手たちに意外(?)にも好評だった。グラウンドレベルからスタンドを見上げると、女性のスカートの中が簡単に覗けたから、らしい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン