ライフ

最新ライフ記事のRSS

新宿ゴールデン街には男を吸い寄せる伝説的な熟女が多数いた

2012.09.22 16:00

 空前といっていい熟女ブームである。女性の側からはどう見えているか。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が考察する。  * * *  お笑い芸人、ピースの綾部氏・34歳と、若貴母の藤田紀子さん・65歳の熱愛報道で、一気に到来した観のある「熟女ブ

 空前といっていい熟女ブームである。女性の側からはどう見えているか。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が考察する。

 * * *
 お笑い芸人、ピースの綾部氏・34歳と、若貴母の藤田紀子さん・65歳の熱愛報道で、一気に到来した観のある「熟女ブーム」。「実は熟女が好き」という男性が次々にカミングアウトし、市民権を得ているとも聞きます。

 天下のNHKまでが「眠れる森の熟女」というドラマを鋭意放映中。ブームの先端を走っているぞ、とプロデューサーはほくそ笑んでいる?

 でも、「熟女人気」は今に始まったことではないのかも。昔から日本に根付いていた文化のカタチかも。

 夕刻が訪れた駅前。どんなに寂しい街角にも、肩を並べる小さな飲み屋にスナック、バー。こんなたくさんの飲食業が、どうして不景気のさなかにズラリと並んで成り立っているのか、不思議に思ったことありませんか?

 カウンターのむこうには「ママ」がいる。仕事帰りのオジサンのつまらない愚痴や世間話にもちゃんと耳を傾けてくれる。気の利いた返事や、ちょっと耳の痛い意見まで、親身になって、あるいはそのようなそぶりで、頷き、相手をしてくれる。

「あゆみ」「のりこ」「ひろみ」「よしこ」……。全国各地、女性の名がついた飲み屋の看板にはこと欠きません。

 かつて日本を代表する著名な哲学者は指摘しました。「日本の男社会は壮大なマザコン文化だ。数々の『ママ』がいる店に、夜になると男たちが吸い寄せられるように集まってくるのを見ればわかる」と。

 飲み屋の「ママ」という熟女に甘えるメンタリティは、昔から今まで、脈々と引き継がれてきた文化です。たしかに、「熟女が好き」と若い男性が堂々と語れるようになった点だけは、時代の変化なのかもしれませんが。

 昨今の熟女ブーム、精神的には「ママ」に依存しつつも表層は若い女性ばかり珍重し、「30すぎたらババア」などと使い捨てにしてきた日本の男社会が、もし「大人の女の成熟を正当に評価し始めた兆し」だとすれば……スリリングな変化と言えるでしょう。

 しかし、持ち上げられている「熟女」たちも、「実年齢には見えないくびれボディ」「20代に劣らないバツグンのスタイル」「シワが目立たないアンチエイジング肌」がウリだとすれば……。結局のところ「若さの礼讃」。ちっとも目新しいことではありません。

 日本の熟女文化の歴史をちょっと紐解くと……新宿ゴールデン街の名が浮上する。今は雰囲気もずいぶん変わりましたが、かつては数々の有名「ママ」を排出した伝説的空間です。そこに入り浸っていた団塊の世代の証言によれば、ゴールデン街の「ママ」たちは、マザコンともアンチエイジングともひと味違った、独特の魅力を放っていたと言います。

 「政治、社会について語る力を持っていた」
「自分の意見を自分の言葉で表現した」
「年齢に依存していなかった」
「個性的な生き方を貫いていた」
「経済的に自立していた」……

 ゴールデン街には「成熟した大人の女が等身大で生きていた」日本では珍しい飲み屋空間だったのかもしれません。

 新たに沸騰した「熟女ブーム」、これから日本社会の中でどのように熟れていくのか。ゴールデン街に替わる、新たな熟女の舞台が登場するのか。興味深く観察していきたいと思います。

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP