• TOP
  • 国際情報
  • 米大統領選挙 ロムニー、オバマ両候補のプロフィールを解説

国際情報

2012.10.14 07:00

米大統領選挙 ロムニー、オバマ両候補のプロフィールを解説

 11月に迫ってきたアメリカの大統領選挙。経済にも大きな影響を与えるだけに、個人投資家としては、その行方が気になるところ。キャリア30年の元外銀ディーラーでFXプロフェッサーの異名を持つ鈴川克哉氏が、FXトレーダーなら知っておきたい大統領選のツボを紹介する。

 * * *
 いよいよ11月の米国大統領選挙が近づいてきました。2008年に前ブッシュ大統領の後継候補者であった共和党のジョン・マケイン氏を破り、1期4年を務めた民主党オバマ現職大統領に対するのは、共和党の1947年生まれ、65歳のミット・ロムニー氏です。

 彼はモルモン教とよばれる末日聖徒イエス・キリスト教徒であり、前回2008年の共和党の予備選挙では最後までマケイン氏と争い、負けており、今回が2度目の挑戦となります。

 通常、アメリカの大統領選挙は現職有利といわれており、第二次世界大戦以降の16回の大統領選挙では現職が再選を目指した10回の選挙の内7回で現職が勝利しています。現職は「エアフォースワン」と呼ばれる大統領専用機をはじめとする機材をタダで自分の選挙遊説に使用でき、選挙資金も楽に集められます。

 そして対抗候補が(今回は共和党内での予備選挙で)長い時間と多額の資金を使いながら疲弊してゆくのを横目で見つつ、じっくり対応策を考えられるのも有利な点となります。

 とはいえ、やはり選挙は水もの。現職大統領の人気がなければ落選することも当然あります。他国の例では、今年5月のフランス大統領選挙で2期目を目指したサルコジ前大統領がオランド新大統領に敗れています。

 それでは、各々候補の特徴、功績、背景を見てみましょう。

 まずは現職オバマ大統領です。アメリカ史上初めてのアフリカ系アメリカ人(つまり黒人)大統領であり、1961年生まれ、現在51歳の若い大統領です。ちなみに前回2008年の民主党の予備選挙では現在米国国務長官であるヒラリー・クリントン氏と戦っており、前回の予備選挙の結果が逆であれば、米国史上初の女性大統領が誕生していたことになります。

 オバマ大統領が当選した2008年はまさにリーマン・ショックさなかの激動の年でした。その中で「change」を合言葉に颯爽と登場した40代の大統領にアメリカの国民は皆大きな期待を寄せたものでした。オバマ大統領もその期待にこたえるべく、2010年に国民皆保険を目的とした医療制度改革法案を成立させるなど着実に結果を出していきます。何よりも未曾有の危機であったリーマン・ショックからアメリカ経済を今日まで回復させたというのは一番の功績だったのではないでしょうか。

 2009年にはノーベル平和賞を受賞しており、当時はいろいろと批判もありましたが、それでも受賞自体は悪いことではなく、それなりに意味のあることでした。

 そして、現職大統領の対抗馬となったのが、前マサチューセッツ州知事であったロムニー氏です。彼の一番の持ち味は、ベインキャピタルというプライベート・エクイティ・ファンドを立ち上げ、成功したこと、あるいはマサチューセッツ州知事時代にその経営手腕を生かして州の財政危機を救う等の経営センス、財政運営に対する評価の高さでしょう。

 2002年のユタ州首都ソルトレイクシティでの(ソルトレイクシティはモルモン教の聖都です)冬期オリンピック組織委員会の会長としても大会を成功に導いた実績があります。個人資産は2億ドルあるといわれており、稀にみる金持ち大統領候補者のようです。

 ただし、金儲けの手腕が際立ちすぎたためか、ロムニー氏は納税記録を2010年分しか公表していないという点についてオバマ陣営から攻撃を受けており、このままでは大きなハンディになると考えられています。

 また、共和党の予備選候補者の中では穏健派として売り込んでいたために、彼自身がマサチューセッツ州知事時代にオバマ大統領が進めていた国民皆保険制度を導入したことを、共和党内部から批判されたりもしました。それでもやはり、彼の経済的手腕への期待は大きく、結果的に共和党の候補者の地位を勝ち取ったのでした。

※マネーポスト2012年秋号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス