芸能

「特別待遇できない」小雪 韓国産後院でのトラブル一部始終

 1月10日、韓国で第2子となる長女を出産した小雪(36才)。産後の母親をVIP待遇でケアすることで知られる“産後調理院”を利用したことは大きな話題となった。

 ところが、このおめでたいニュースの裏で、小雪は一騒動起こしていた。ある韓国の報道記者が語る。

「小雪さんが出産したのは『ラマドレ産後調理院』という江南のセレブ産後院ですが、当初は『ドラマ産後調理院』という別の産後院に入院していました。小雪さんは6か月前からこの産後院に予約を入れていて、本来はここで出産する予定だったんです」

 出産3日前の1月7日に、ドラマ産後調理院に入院した小雪。有名女優である彼女のために、同院はプライバシー保護のためのハイレベルのセキュリティーが完備された、2週間で120万ウォン(約100万円)の最高級の部屋を用意して対応したという。

「しかし、小雪さんは“自分は芸能人だから”とさらなる特別待遇を期待したようなんです。産後院側は、それを“料金の割引”と受け取ったみたいですね」(前出・韓国の記者)

 これに対し、産後院は「あなただけに特別待遇はできません」と返答。小雪は不満そうな表情を浮かべていたという。

 希望が叶わなかった小雪は、その日のうちに行動に出る。深夜11時50分。突然、小雪のスタッフの女性2人が、関係者専用入り口から無断で院内に入ってきたという。

「女性たちは、小雪さんの部屋に入るやすぐに荷物をまとめて立ち去り、小雪さん自身も後を追って出ていったそうです。しかも、2人が持ち出した荷物の中には携帯電話の充電器など、産後院の備品も入っていたようです」(前出・韓国の記者)

 小雪たちの行動に驚いた産後院側は、翌1月8日、不法侵入の疑いで小雪の女性スタッフ2人をソウル市内の警察署に告訴したのだ。同院関係者がこう憤る。

「小雪さんは入院部屋のある3階から1階に下りていくとき、産後院スタッフに“ちょっとチムジルバン(低温サウナ)を見に行ってきます”とだけ言い残し、そのまま戻ってこなかったんです。つまり要求が聞き入れられないことがわかり、ウソをついて“脱走”したんです。しかも診察料と半日分の入院費を合わせた170万ウォン(約14万円)の支払いもせずに、です」

 告訴されて慌てた小雪は、自ら同院を訪れて突然の退院を詫び、たまたま急なスケジュールでの転院だったこと、けっして脱走するつもりなどなかったことを説明。誤解を解き、きちんと料金を支払ったため、告訴状は取り下げられたという。

※女性セブン2013年2月7日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト