ライフ

座りションしない夫に妻注意 夫は「オレは日本男児」と反論

 惚れたはれたで一緒になったものの、いざ生活をともにしてみると、次々と気に入らないことが。時間がたてば慣れるかと思いきや、不満は募る一方で…。そんな妻たちの共感を呼んで好調のドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)。

 でも実際の夫婦の本音とは? 現実の夫婦を直撃してみると…。

 夫婦間の不満でもっとも多かったのは「家事に関すること」。妻が仕事を持っていてもいなくても、やはり毎日のこととなると、すぐ目がいくのが「家事」だからだ。恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみさんが言う。

「男女ともに、料理系や家事系の不満が多いです。夫からすれば、妻にもっと家事をしっかりしろと言う。でも妻側からみると、その3倍くらい夫に家事を手伝ってほしいと思っている。お互いに相手の気持ちを理解できていないので、夫婦はどんどん不満を溜め、すれ違っていくのです」

「何度注意してもきかない」と怒るのは、公務員の鈴木雅子さん(仮名、43才)。夫がトイレで用を足すと、便座も上げっ放し。ふたも開けっ放し。おまけに年をとってきたせいか、床や便器に尿が垂れていることも…。

「口を酸っぱくして言ってるのに、夫はどこ吹く風。この前ついに、私がトイレに入ったときに、音を立てて思いっきり便座を下げてやったんです。

 困るのは尿が垂れていても知らん顔をしていること。私が気づいてないと思っているんでしょうが、においますからね。汚いったらありゃしない。5才の息子には『1歩前に出てするのよ』と注意しますが、今さら夫には言えません。言ったら『おれが年なのか』ときっとケンカになりますから」

「『立ってすると、しぶきが跳ねるので座ってして』って言うと、『おれは日本男児。沽券にかかわる』とか言って、絶対に座らない。あんたのプライドなんてどこよ。沽券じゃなくて股間の問題よ!」(48才、主婦)

※女性セブン2013年2月21日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン