国際情報

「尖閣あげちゃえば」のホリエモンが「中国の挑発に乗るな」

 尖閣諸島の国有化以降、日中関係は戦後最悪の緊張状態にあるといってもいい。そんな中、この人は“独自の表現”で世間に警鐘を鳴らす。服役中のホリエモンこと堀江貴文氏である。堀江氏が中国政府の言動に日本人がどう対処すべきかを説く。メルマガ『中川淳一郎のネットとビールの愉快な話by NEWSポストセブンVol.8』より、彼の言葉を一部抜粋した。

 * * *
 こんにちわ! 『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。ついに2月23日に御大の刑務所の日々を綴った新刊が発売されました。その名も『刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻』。なんとも言えないサブタイトルですが、名付けたのは御大自身です。いかに所内でテレビっ子になってしまったかがわかります。おそるべし刑務所。

 もちろんテレビではニュースも見ております。最近は日中問題について考えさせられるニュースが多いですが、中国海軍の艦船が日本の海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに対して、射撃管制用レーダーを照射していたという報道には驚かされましたね。日本が尖閣諸島を国有化して以来、中国はドンドンと挑発を繰り返しています。御大も中国の一連の動きに対して何かを感じているようです。

「何が怖いって中国人も中国軍も、日本人が思っているほど日本を攻撃することに対して及び腰ではないってところ。日本は太平洋戦争の敗北が超トラウマで、戦争したいって本気で思っている人は少ないはず。が、中国は違う」

 去年の反日デモでは、「戦争上等」なのではないかと思ってしまうほどの中国人の暴れっぷりを目の当たりにしました。彼らは、なぜこのような動きをするのか? 御大は「中国人の自尊心の復活」を指摘します。

「日中戦争でコテンパンにやっつけられた記憶と教育、その後も文化大革命などで経済は停滞し、再度日本に経済的にやっつけられた感が強い。独裁者、毛沢東の死後、やっとの思いで経済発展が始まり、中華の誇りを取り戻しつつある。最近になって、海外で『私は中国人です』と堂々と胸を張って言えるようになったと中国人は思い始めている」

 そのプライドが悪い方向に向かっているのでしょう。今の中国人と日本人の考え方はまったく違うものになっているのかもしれません。だからこそ、「中国の挑発には絶対に乗ってはいけない」と御大は続けます。

「多くの中国人のメンタリティは戦争で多少の人命が失われることに対する怖さ、恐れはないだろう。日本と中国では『命の値段』も違う。その昔、私が『朝生』に出演した際、『尖閣あげちゃえば』と発言したことに金美齢が怒っていたが、あーいう人に乗せられて命を失うなんて割に合わない」

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン