芸能

樹木希林「がんで死ぬのがいちばんいい。準備ができるから」

 第36回日本アカデミー賞で『わが母の記』で2度目の最優秀主演女優賞に輝いた樹木希林(70才)。その授賞式で、樹木はこんな衝撃告白を始めた。「来年が大変。私は全身がんですから。来年の仕事は、お約束できないんですよ、本当に」と。

 最優秀主演女優賞受賞者は翌年の授賞式で司会を務めるのが慣例だ。つまり、彼女は全身をがんに侵された状態のため、それがいつ急変してもおかしくないということを示唆したのだった。

 樹木のがん闘病は2004年夏から始まった。まず、乳がんが発覚。2005年1月に右乳房の全摘手術を受けた。それから2年ほど経った2007年ごろ、同じ場所でがんが再発。全摘をしても一部残った乳腺にがんが発生したり、関連部位にがんが転移することもあり、この場合も再発と呼ばれる。

 樹木は今度は手術を拒否。切らずに行うピンポイント放射線治療を受けるため、鹿児島にいる名医のもとを訪れ、治療を重ねる。その結果、一時は「乳がんが消えた」と公表できるまでの状態になった。

 しかし、その後の経過について、昨年9月、樹木は女性セブンに「全身がんである」としてこう語ったのだ。

「がんができる体質になっちゃったの。(がんと)つきあいたくないけど、出てくるものはしょうがないですよね…。常にどこに(がんが)出てもおかしくないと思っているから、そんなに焦って医者行って調べないの。私の場合、考え方、日々の生活の仕方は、がんを受け入れているという形だから」

 人によってがんの性質は異なり、対処法の選択も変わるため、樹木は「がんについては結論が出せない」と話すものの、彼女自身はこんな考えだ。

「がんで死ぬっていちばんいいんです。死ぬまでの準備ができるじゃないですか。だからそれぐらいの感じでいます」

 60代になって気管支喘息、網膜剥離、そして前述のとおり、9年前に乳がんを患った樹木。リアルに死というものに向かっていく自分を意識したことから、彼女の“終活”は始まった。

※女性セブン2013年3月28日号

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン