芸能

大塚アナの再発早めたか「退院後5か月復帰で体に負担」と医師

 3月16日、フリーアナウンサーの大塚範一さん(64才)が急性リンパ性白血病を再発し、再入院することがフジテレビから発表された。復帰となるはずだった4月スタートの情報番組『アゲるテレビ』(フジテレビ系)への出演は見合わせることとなった。

 2011年11月に急性リンパ性白血病と診断された大塚さん。すぐに入院して治療に専念したが、やはり早期復帰は叶わず、2012年3月に『めざましテレビ』の“卒業”を余儀なくされた。

 そして始まった闘病生活は壮絶だった。大塚さんの姉は、かつて女性セブンの取材にこう話していた。

「10日周期で抗がん剤を打たないといけないと聞いています。抗がん剤を打つと、吐き気だとか相当苦しいようです。体調もいいときと悪いときが繰り返しあって…」

 抗がん剤の副作用で髪も眉も抜けて、顔はパンパンに膨らんだ。無菌室でビニールの帽子をかぶり、起きることすらできない日々が続いた。さらに複数の感染症に襲われ、当初の予定より2か月遅れの同年10月に、ようやく退院となった。だが、病院側は退院にあまり積極的ではなかったという。

「再発もしやすい病気ですし、病院外では感染症の危険も増すので、病院としては、できれば退院させたくなかったそうです。ですが、退院が延期になって落ち込む大塚さんを見て、“そのストレスが快復の妨げになっているのではないか”と判断して、退院を決めたようです」(医療関係者)

 そんな状態のなか、大塚さんは前述した通り、早々にテレビへの復帰を決めた。もちろん生きる活力を見い出すためという目標もあったが、彼には働かなければいけない理由があった。

「入院費が思っていた以上にかかったんです。これからの治療費も必要ですし、休み続けるわけにはいかなかった。フジテレビは大塚さんの健康面を考慮し、新番組には当初、週に2日程度の出演を予定してましたが、大塚さんから“毎日出たい”という申し出があったそうです」(フジテレビ関係者)

 大塚さんは4月のスタートに向けて、スタッフの先頭に立ち、熱心な打ち合わせを重ねていた。そんな矢先の“再発”だった。九州大学医学部の杉町圭蔵名誉教授は、大塚さんの再発について、こう言う。

「退院して5か月での再発は早いですね。復帰番組ということで、大塚さんには、相当なプレッシャーがあったんだと思います。それがストレスとなって、体に負担をかけ、再発を早めた可能性は否定できません」

※女性セブン2013年4月4日号

関連記事

トピックス