国内

埼玉県・5時間半車内放置で2児死亡 両親の勘違いと夫婦喧嘩

 緑豊かな山に囲まれ、田畑が広がる埼玉県小川町。日中も人通りが少なく、静かなその町の一角にある駐車場に、2才の長男と1才の長女を乗せたその車は止められていた。

「子供2人が車の中でぐったりしている」──3月15日午後3時頃、わが子の異変に気づいた母親(33才)はすぐに119番。しかし約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。

「子供たちは、5時間半もの間車内に置き去りにされていました。発見された時には、2人ともすでに心肺停止の状態でした」(警察関係者)

 警察の調べによると、その日は、妻が夫(36才)に「保育園に連れて行って」と頼んでいた。夫は長男を車に乗せたが、その後、妻が長女を車に乗せたため、夫は「妻が2人を送っていくと思い、頼まれていたことを忘れてしまった」と説明しているという。

 結局、夫婦ともに相手が保育園に送ったものと思い込んでしまい、わが子を死なせてしまったわけだ。まさに呆れた「勘違い」が招いた悲劇だった。

「実は事故があった当日の朝、ちょっとしたいざこざがあって、夫婦喧嘩していたそうなんです。それで、どっちが子供を送っていくの、いかないのと言っているうちに、口を利くのも煩わしくなったみたいで」(一家を知る人)

 現在、警察は2人の死因は熱中症とみて調べているという。当日は晴れてはいたものの、現場付近の最高気温は14℃ほどで肌寒くさえ感じたという。しかし、事故発覚時、車内の温度は36℃にも達していた。

「車は太陽光が入ってくる窓が大きく、密閉性が高いため、すぐに車内温度が上がってしまうんです」(JAF広報部)

 実際、JAFの実験によると、日中の最高気温が23.3℃と過ごしやすい日に停車させた車中の温度を測ってみたところ、運転席の顔付近では短時間のうちに48.7℃にまで上がったという。

※女性セブン2013年4月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン