ライフ

ソフトマザコン男子の特徴 「毎日電話」「下の名前で呼ぶ」他

「何をするにもお母さん頼み」「彼女よりもお母さんが好き」「決められない時はお母さんに決めてもらう」──。そんな「マザコン男子」と付き合った経験がある女子もいるかもしれない。とはいえ、女子に敬遠されてしまうというイメージから、男子もマザコンであることを公言しない風潮がある。

 しかし、最近では、ライトにマザコンを公言する、「ソフトマザコン」男子が増えているという。「毎日お母さんから電話が来る」「買い物する時には母親に電話する」──。そんな風に語る、都内の男子学生3名に話を聞いた。彼らは大学の男友達とも、隠すことなく母親の話題で盛り上がるという。

「大学で友だちといる時に母親から電話がかかってくるシチュエーションは多いですよね。実際にかかって来たら、みんな普通に電話に出ますし。母親とも友だち感覚ですね」(21歳・都内国立大学理工学部)

 別の学生は、友だち同士で“母親を下の名前で呼び捨てする”ことが当たり前だと話す。

「最近はみんな自分の母親のことを下の名前で呼ぶよね。多分、最初は照れ隠しでわざとやっていると思うんだけど、途中から『アキコ元気にしてる?』『最近シズエと仲いいの?』みたいな感じで、友だちの母親の話題で盛り上がったりします」(21歳・都内国立大学工学部)

 この2人に同意しながら、実家に帰るたびに母親からプレゼントをもらうと話すのは都内私立大学文学部の学生(22歳)だ。
 
「先日実家に帰ったとき、母親がブランド物のサンダルを買ってくれていたんです。実家に帰るたびにプレゼントをもらうので、母親には感謝しています。だから服とかカバンを買うときには、いつも母親に電話して決めているんです」

 3人ともライトにマザコンを公言するが、その他にも、自身の学校生活の基盤をすべて母親に決定してもらってきたという男子学生がいた。

「自分は中学・高校時代から大学のサークルまで、すべて母親のアドバイスとおりに決めていましたね。中高時代も、ケガをしないように卓球をやれといわれてサッカーを諦めました。大学では、音楽の教養を身につけろといわれてラテンミュージックの研究会に入っています」(20歳・都内私立大学医学部)

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン