芸能

TBS安住アナ フリーならぬ理由は人気続くか分からないから

 TBSで不動の人気を誇るナンバーワン男性アナの安住紳一郎氏(40)。いまだ独身で、これまで大きなスキャンダルも出なかったが、今回、女優の黒木メイサに似た元彼女、河合綾子さん(仮名・33歳)の存在が明らかに。過去にあった2人のエピソードを赤裸々に語ってくれた。

 安住アナにとって綾子さんは特別な存在だった。彼女にいろんな相談をしていたようだ。

「『さんまのスーパーからくりTV』で、酔っ払った人にクイズを答えてもらうという人気コーナーで彼は司会をしていたのですが、“仕事とはいえ酔っぱらいに絡まれるし、目の前で吐かれるし、本当にイヤなんだよ”と愚痴ってました。

 彼はネガティブ思考なところもありました。ある雑誌の<嫌いなアナ>ランキングで上位に入ったことで相当落ち込んだことがあったそうです。“早くも僕の人気は下降し始めている”って嘆いていましたから」

 おそらくそのランキングは『日経エンタテインメント!』(2003年7月号)の<好き嫌い男子アナランキング>。たしかに「嫌いなアナ」で3位にランクインしている。6000人に聞いたアンケートで、約8%の人が彼に嫌悪感を示したのだが、それについて安住アナは著書『局アナ』でこう綴った。

<“世の8パーセントに私は嫌われている”。その恐怖から最近は外出もままならない。トイレに入れば、下からモップでつつかれないだろうか。外を歩けば、背中にバーカと書かれた紙を貼られるかもしれない。必ず近くに8パーセント派はいるはずだ>

 それを被害妄想といってしまうのは早計だ。そうした用心深い性格が、人気アナになっても奢らずに精進できる要因なのだろう。将来設計についても彼は慎重派なようだ。

「独立しないの? って聞いたことがあるんです。彼は“この人気がいつまで続くかわからないよ。忙しくて給料も上がらないけど、サラリーマンでいたほうが安心”と答えてましたね。

 独立を画策するほどの野心家ではないけど仕事に対しては真面目で会社に対する忠誠心も強い。それでいて女性に優しい。安住さんって、なんだか古き良き日本男児みたいでした」

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
マネーポストWEB