• TOP
  • ライフ
  • 中村文則氏「大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかった」

ライフ

2013.10.25 07:00  週刊ポスト

中村文則氏「大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかった」

【著者に訊け】中村文則氏/『去年の冬、きみと別れ』/幻冬舎/1365円

〈なぜ愛する人を目の前にして、僕達はその一部しか認識できないのだろう〉

 理解、所有、支配、束縛……。全ては〈愛〉が為さしめる所業だった。彼らはただ、愛する者を手に入れようとして罪を犯し、心身ともに壊れていったのだ。

 世間では愛を尊ぶ一方で、暴力や権力の行使を憎み、それらが同じ根を持つ事実に目を背けようとするが、このほど『去年の冬、きみと別れ』を上梓した芥川賞作家・中村文則氏は違う。例えば2009年のベストセラー『掏摸』では人間誰もが抱える悪の正体に直視を挑み、米ウォール・ストリート・ジャーナル2012年ベスト10小説に選ばれるなど、海外でも高く評価された。

 本書でも、女を監禁し、火を放った連続殺人犯〈木原坂雄大〉らの証言からは驚くべき事件の真相が浮き彫りになり、中村氏はまたもや見てはならない景色を見せてしまう。言うなればそう、愛こそが曲者なのだ。

 好きな作家はドストエフスキー。本としての面白さやエンタメ性を追求しつつ、文学の王道をゆくその作品群は独特の存在感を放ち、本書の帯にも〈日本と世界を震撼させた著者が紡ぐ、戦慄のミステリー〉とある。中村氏はこう語る。

「普遍的なテーマを扱いながら無理筋のない、大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかったんです。今回は性描写も多いし、タイトルもアガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』がイメージにあった。まさかこの題でこの内容? と驚かれるかもしれませんが、僕が単にロマンチックな恋愛小説を書くわけがない(笑い)」

 被写体の女性を2人までも監禁し、生きたまま焼死させたとして、一審で死刑判決を受けたカメラマン・木原坂雄大、35歳。物語はこの芥川龍之介『地獄変』を思わせる犯罪を、カポーティ『冷血』のような傑作に書くよう編集者に依頼されたライターの〈僕〉が、木原坂やその姉〈朱里〉ら周囲を取材する形で進む。

〈あなたが殺したのは間違いない。……そうですね?〉

 と、拘置所のアクリル板越しに初めて言葉を交わす場面からして緊張が走るが、木原坂が申し出たのはその実、〈狂気の交換〉だった。

〈異様な犯罪を犯した人間の話を、そんな至近距離で、内面の全てを開かされる。……まるできみの中に、僕を入れていくみたいに〉

●中村文則(なかむら・ふみのり):1977年愛知県生まれ。福島大学卒。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。2004年『遮光』で野間文芸新人賞、2005年『土の中の子供』で芥川賞、2010年『掏摸』で大江健三郎賞。『掏摸』は各国で翻訳され、米アマゾン月間ベスト10小説、ウォール・ストリート・ジャーナル2012年間ベスト10小説、ロサンゼルス・タイムズ文学賞最終候補に。他に『何もかも憂鬱な夜に』『悪と仮面のルール』等。171cm、60kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2013年11月1日号

関連記事

トピックス