スポーツ

高木守道「キャンプでファンサービス尽くしチームがダメに」

 高木守道・前中日ドラゴンズ監督は、前任の落合博満氏がファンやマスコミへのサービスが悪いと評判がたったことを憂慮して、さまざまな形で高木流のサービスに尽くした。責任を取り辞任した高木守道・前監督に、球界の大先輩・金田正一氏が聞き手となり、名古屋で「敗軍の将」を直撃した。

──それにしても、ベンチでは怒ってばかりいたな。

高木:正直この2年間は、カッカし通しでしたね。特にコーチは叱りっぱなしでしたから、大変だったと思います。カッカしすぎて、マスコミにもあれこれいいすぎました。試合後の談話も出さず、ファンサービスもしない前任者(落合監督)が問題になったこともあって、多少はリップサービスもしないと、という気持ちがありましたから。

──しかし、もともと多弁ではないだろう。

高木:私は現役時代から無口で“むっつり右門”といわれたほど。引退後にテレビの仕事をしていた時も「一番喋らない解説者」といわれました。アナウンサーが「ファインプレー!」と叫んでも、私からすればほとんどが普通に捕れる球だから「普通です」といって放送席を盛り下げていた。これではいかんと思い、アナウンサーに合わせて喋るようにするうちに、余計なことまで喋るようになってしまったんです。

 それにこんな年齢で監督にしてもらったのだから少しはサービスしないと、という思いもありました。いい親父ギャグも炸裂していたと思ったんですが、なかなかウケませんでしたね。

──そういえば、いくつになったんだ?

高木:72です。パープレーですよ(とドヤ顔を見せるが、取材会場に数秒の沈黙が流れる)。

──うん……、いい親父ギャグ……そうだな、うん。ところで就任当初はファンサービスも頑張っていたな。

高木:サービスのつもりで、キャンプでは野球そっちのけでサインしていたら、チームがダメになっちゃいましたね(苦笑)。

 ただ、ファンサービスと簡単にいうけど、選手や現場にできることなんて、せいぜい球場へ来る観客にサインで応じるくらい。でもそれで喜ぶのは、来ている人だけだし、喜ぶのは1回や2回だけなんです。結局、この選手のこのプレーを見たいというのを作って強くしないと、お客さんは高い入場料を払って来てくれないんですよ。リップサービスしたつもりが、変な方向で報道されたこともあったし、ファンサービスは難しかったです。

※週刊ポスト2013年11月8・15日号

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト