国内

ふなっしー 1億円経済効果で「船橋市の梨の危機」を救う

 2011年11月、千葉県船橋市に住むデザイナーが「長年住んでいる船橋市を活性化したい」と考え、作ったゆるキャラが「ふなっしー」だ。

 あれよあれよと人気者になったふなっしーは、2012年7月に船橋市役所を訪ねた。これは同年11月に開かれた『ゆるキャラさみっと』への参加条件となる自治体の“公認”をもらうためだったが、ふなっしーに突きつけられた答えは「NO」。そこからふなっしーは船橋市非公認のゆるキャラとして、さらに人気者になっていく。

 連日のようにテレビに出演し、CDデビューも決まったふなっしー。その人気に、いよいよ船橋市も無視を決め込むことができなくなった。10月24日、「年齢層を問わず、船橋のイメージアップに貢献してくれている。お礼の気持ちを伝えたい」と感謝状を贈ることを発表したのだ。

「今年の夏は猛暑の影響で梨が穫れすぎて、市場に梨が余って売れなくなってしまったんです。そんな危機的状況を救ったのが、ふなっしーだったんです」(船橋市関係者)

 梨農家が経営する50以上の直売所と船橋駅周辺の30以上の飲食店が一緒になってふなっしーから公認を取りつけ、『ふなっしーのありのみくす』というPRイベントを企画。梨のことを別名“ありのみ”ということから、アベノミクスとからめて“ありのみくす”と名づけたイベントだ。

 さらに、直売店では『ふなっしーオリジナル梨袋』で梨を販売、またふなっしーグッズが当たるスタンプラリーなども開催した。飲食店ではオリジナルカクテルを考案して、1杯飲むとふなっしー自身がデザインしたコースターがもらえるというサービスも行った。

「この『ありのみくす』の効果があってか、中国地方や九州など遠方からの注文も殺到して、梨は例年を超える売り上げを記録しているそうです。船橋市だけで1億円以上の経済効果があったといわれています。しかも、ふなっしーはキャラクターの使用料とか一切受け取らず、無償で協力してくれたんです」(『ありのみくす』関係者)

※女性セブン2013年11月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン