芸能

美川憲一さん「オネエになったのは2人の母の影響」と語る

 母はどんな時も無償の愛で包んでくれた。その偉大さを知ったのはいつのことだったか。慈母の記憶はいつも、懐かしい温もりとともに甦る。ここでは、歌手の美川憲一さん(67)が“2人の母”という米子さん(姉)、以し子さん(妹)との思い出を振り返る。

 * * *
 私には産みの母と育ての母、2人の母がいるの。2人は実の姉妹で、両者とも女優にスカウトされるような美人だったわ。

 産みの母(妹)と父の出会いは、長野から東京に向かう列車の中。結婚を前提に付き合ってほしいってナンパされたの。その後、東京のアパートで一緒に住み始めて、私を授かった。

 でも父は困った顔をしたんですって。そしてある日、「ビタミン剤だ。飲めば元気な赤ちゃんが生まれるぞ」と、赤い包み紙に入った薬を持って来たの。

 すぐ飲めと迫られたけど、母は「後で飲むわ」といってこっそり捨てた。女の勘が働いたのね。もし飲んでいたら、私はこの世にはいなかったわ。

 母のお腹が大きくなり続けるのを見て、父は姿を消したわ。母は生まれたばかりの私を背負って、父の千葉の実家にまで押しかけたの。

 そこには小さな女の子がいて、その子の母親が出て来た。父には別に妻子がいたのよ。要は騙されたのね。ワンワン泣く私を背負い、母も大泣きしながら帰ったそうよ。

 そうした苦労がたたってか、母は肺結核にかかってしまって、姉に私を預けたの。幼い私は事情を知らないから、物心ついた頃には産みの母のことを“おばちゃん”と呼んでいた。

 でも何か特別の愛情を感じることはあったわ。産みの母はしょっちゅう出入りしていて、運動会などの行事には来てくれたからね。

 事実を知ったのは中学1年の時。近所の人に聞かされた。いるのよ、そういうお節介ババアが(笑い)。でもともに可愛がってくれていたし、反抗することはなく、それからは2人の母として接するようになった。

 実はオネエになったのも、2人の母の影響が大きいの。私は小さい頃から、2人の母に派手で綺麗な服や靴を与えられて、「あんたは綺麗よ」といわれ続けた。

 母と銀ブラをすると、すれ違う人が振り返ったわ。2人の母からは、「あんたが綺麗だから見られるの。いつも綺麗に着飾っていないとダメよ」といわれたの。

 育ての母には歌舞伎や宝塚歌劇を、産みの母には映画や舞台に交互に連れて行ってもらった。宝塚は女性が男装し、歌舞伎は男性が女装するでしょう? 子供の頃から見ているから、私の中では男と女がゴチャゴチャになるわけよ(笑い)。

 だから当然オネエにも抵抗感はなかったわ。むしろ『柳ヶ瀬ブルース』の頃、スーツを着て直立不動で歌うほうが苦痛だった。それで『おんなの朝』の頃から色を出しはじめ、『さそり座の女』ではモロ出しよ。

 2人の母も「憲ちゃんに男らしさは似合わない」と絶賛してくれたわ。本当に励ましてもらった。

■美川憲一(みかわ・けんいち):1946年、長野県生まれ。1965年デビュー。代表曲に『柳ヶ瀬ブルース』、『さそり座の女』など。

※週刊ポスト2013年11月8・15日号

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト