芸能

松本「R100」 大コケ報道続出で「むしろ興味出てきた」の声

ダウンタウンの松本人志が監督・脚本を担当した映画『R100』が現在、全国公開されているが、マスコミ各社が客入りの悪さを次々と記事化する一方、各種映画評サイトにも酷評レビューが殺到。それゆえ、“怖いもの見たさ”で客が増えるという謎の現象が発生している。

『R100』は、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』に次いで、松本人志が監督・脚本を担当した4本目の映画作品。大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、渡部篤郎、前田吟、佐藤江梨子、冨永愛と、豪華出演者を揃えたこの作品は、都内有名家具店に勤務する1人の男が、謎のクラブ「ボンデージ」に入会したことから始まる不可思議な現象が主題となっており、トロント国際映画祭や釜山国際映画祭などにも出品された。

しかし、トロント国際映画祭で出品59作品中の最低評価を受けてしまった『R100』は、初動2日間の興行収入がおよそ5300万円という寂しいスタートを切ると、

「貸し切りかと戸惑うほどの客入り」(週刊新潮)
「松本映画史上、最低の客入り」(日刊サイゾー)
「想像を絶する大コケ」(東京スポーツ)

と、客入りの悪さを取り上げるマスコミが続出。また、Yahoo!映画のユーザーレビューを見てみると、519人中270人(52.4%)が5点満点の最低の「星1つ」という評価を付けており、

「うんこ映画」
「日本人として恥」
「所詮、片手間の“インチキ”映画!!」
「松本人志を信じた、俺が馬鹿だった!!」

と、厳しい声が寄せられている。

ところが、あまりの評判の悪さが、作品に対する興味を呼び起こすという逆転現象が発生している。10月16日に、「客がたった2人」という記事を掲載した東スポは11月1日、「1回の上映で20~30人くらいは入るようになった」という映画関係者の声を掲載。また、ツイッターを見ると、

「あえてのR100を見に行くか」
「R100きになってきたー」
「なんか、R100観たくなってきた」(いずれも11月4日のツイート)

など、鑑賞意欲を表明する人が次々と登場している。ちなみに『R100』の上映映画館は、残り5館のみ(11月5日現在)。「映画館で見たい!」という方は、早めに足を運んだほうが良さそうだ。

関連記事

トピックス

大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
女性セブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン