芸能

『いいとも!』終了 ネットと東日本大震災が影響との指摘も

 来年3月で『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了することになったが、現在、昼12時に放送されている民放番組は、『いいとも!』の他、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、『ひるおび!』(TBS系)が並ぶ。『いいとも!』以外は、情報番組や報道番組だ。

 視聴率も『いいとも!』が1位でない日も珍しくなくなった。最近の私たちは、生活に役立つ情報やニュースを求める傾向にあるようだ。

『ひるおび!』プロデューサーの志賀順さんは言う。

「今の視聴者は、堅すぎるんじゃないかというテーマにこそ興味を持ちます。例えば、アメリカ政府の債務不履行の問題を取り上げた時も、視聴者の評判がよかった。10年前では考えられません」

 その理由は2つ考えられる。ひとつは、インターネットや携帯電話の普及だ。デーブ・スペクターが言う。

「今の日本人はいつもスマホをいじっていて、常に情報を求めている時代なんです。バラエティーでいえば、テロップをたくさん入れて、画面全部を使って情報をとにかく詰め込むのが主流ですが、『いいとも!』は生放送だから、それができない。

 私は、『いいとも!』自体がパワーダウンしたのではなくて、視聴者側の“見る力”、つまり読み取る力がなくなってきたんだと思っています」

 そして、もうひとつが、2011年3月11日に起こった東日本大震災だ。1996年に始まった『ワイド!スクランブル』プロデューサーの岡本和彦さんは言う。

「『いいとも!』と『おもいッきりテレビ』の巨大番組と差別化を図るために、私たちが目指したのが、ニュース性の高い番組でした。

 大震災以降の視聴者は、ニュース番組への関心が高くなったと感じます。なぜ地震が起こったのか、なぜ原発神話は崩壊したのか、とその理由を深く考えざるを得なかった。だから、その背景にあるものを求めるようになった。昔は天気予報といえば純粋に予報中心でしたが、視聴者は今、気象がどうなっていくのか、なぜそうなるのかというメカニズムにまで関心があるように思えます」

※女性セブン2013年11月21日号

関連記事

トピックス

昨年は甲子園に出場した村田浩明監督だが…
【ブチギレ音声/「頭がおかしいんじゃねぇか!」】名門・横浜高校野球部の村田浩明監督 試合後、球児に怒号で現場騒然 ハラスメント行為かの問いに学校の見解は
週刊ポスト
ゆたぼん
ゆたぼん「中学校に登校宣言」と「父親ブロックで“親離れ”」YouTuberとしての未来はどうなるのか
NEWSポストセブン
“筆マメ”として知られる広末涼子(時事通信フォト)
『らんまん』松坂慶子の「1人2役」で“不倫騒動”広末涼子の再登場はなくなったのか
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
真剣な面持ちで撮影に臨むタローマン
【「なんだこれは!」と言わせたい】「TAROMAN」仕掛け人が総括する「視聴者を惹きつけるクリエイティブ」【短期連載・てれびのスキマ「『フェイク』のつくりかた」】
NEWSポストセブン
フジ・宮司愛海アナ(右)と常田俊太郎氏
【全文公開】フジ・宮司愛海アナ、東大卒実業家兼音楽家と育んでいた半同棲愛 本人は「うふふふ」
週刊ポスト
『VIVANT』続編に中居正広起用の可能性も?(時事通信フォト)
『VIVANT』続編 サプライズ起用される大物俳優は誰か?「木村拓哉ではなく中居正広」説が急浮上
週刊ポスト
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン
推しの名が書かれたうちわを掲げておおはしゃぎ
【筋金入りの「スー女」】川口春奈、国技館で相撲観戦 推し力士「翔猿」の名前入りうちわを振って応援
女性セブン
滝沢秀明氏に告発
「滝沢秀明は強制的にキスをさせる」ジャニーズ性加害問題当事者の会代表が新たな疑惑を告発
女性セブン
野球に真摯に向き合う“似たもの同士”の2人(写真/共同通信社)
【大谷翔平とトラウト】富や名声にこだわらない“似た者同士”の2人 来季の去就にどう影響するのか
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 生涯「金持ち父さん母さん」でいる新常識ほか
「週刊ポスト」本日発売! 生涯「金持ち父さん母さん」でいる新常識ほか
NEWSポストセブン