芸能

近藤真彦 6才の長男が大学まで一貫の名門私立小学校に合格

「健康で大きく育ち、立派な男になってくれるように…」──2007年10月に誕生した長男(6才)に、近藤真彦(49才)はそんな願いを込めて名前をつけた。あれから6年。愛息はその名の通り、大きくすくすくと育っている。

「近藤さんのお子さんが、都内でも有数の名門私立小学校をお受験したそうです。大学までの一貫教育となるその小学校は、毎年10倍近い倍率になる狭き門。ペーパーはもちろん、行動観察や保護者面接もありましたが、見事合格したそうです」(近藤の知人)

 1994年6月、A子夫人(47才)と結婚した近藤。愛息が誕生するまでには長い不妊の日々があったことを、かつて本誌にこう明かしていた。

「45才になったら、不妊治療はもうキッパリやめようって決めてたの。45才の彼女の誕生日を迎えた時に、一切その話をやめようと。そのとき夫婦ふたりの人生も楽しいと思うよって」

 近藤が43才、A子夫人が41才の時に生まれた長男は、約2か月の早期出産。低体重児だったため、しばらくは保育器の中で静かに寝息を立てていた。

<強く、優しく育ってくれたら、それ以上望むことはない>

 雑誌のインタビューなどでそう語っていた近藤だが、無事に退院したわが子を、過保護に育てたことはこれまで一度もなかった。

 生後6か月のころから、プールや海、川に入らせた。熱が出てしまって、周りから「バカじゃないの!」と怒られたりしたというが、子育て観を変えることはなかった。長男は物心がつくと、自分にできないことを父がやってのけると、「パパ、強い!」と言うようになった。すると近藤は、「強くなりたいんだったらこうしなさい」と教えてきたという。

「自転車の補助輪を外す特訓も熱血指導でしたね。坂道を下る時に、近藤さんは途中でぱっと手を放すんです。そうするとお子さんは転んでしまうんですが、近藤さんはお子さんに駆け寄って、“どうする? 泣くの?”と言う。でもお子さんはぐっと歯をくいしばって“泣かない!”と言って坂を上って、また坂を下るという練習を繰り返したそうです」(テレビ局関係者)

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン