• TOP
  • ライフ
  • 泥酔期や昏睡期でも複雑な判断を必要としない帰宅などは可能

ライフ

2014.01.01 16:00  SAPIO

泥酔期や昏睡期でも複雑な判断を必要としない帰宅などは可能

 思わずお酒を飲み過ぎてしまう忘年会や新年会のシーズン。どれほど酔っているかは、血中アルコール濃度と脳の状態によるという。

 濃度があがるにつれ、大脳新皮質、小脳、海馬と活動低下が進んでいく。海馬は記憶を司る中枢でもある。慶應義塾大学看護医療学部の加藤眞三教授は血中アルコール濃度と脳の関係についてこう解説する。

「『泥酔期』や『昏睡期(血中アルコール濃度0.4%以上0.5%未満)』になると、起きていても記憶できないブラックアウト状態になり、判断力もなくなります。

 ただし複雑な判断を必要としない作業はできるから、帰宅など本人にとって慣れた作業はこなせる。『店を出たところまでは記憶があるが、どうやって帰ったか覚えていない』という現象はこれです」

※SAPIO2104年1月号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス