国際情報

医療を受けられない韓国人が増加 医療費未払いで病院経営圧迫

 韓国における国民健康保険の保険料率は報酬月額の5.99%(2014年)と日本(組合健保の平均で8.6%、協会けんぽの平均で10%、2013年)より低いが、自己負担率は30~60%(病院の規模、所在地などで異なる)と高い。OECD統計によると、2011年の総医療費に占める自己負担額の割合は37%で、OECD平均(20%)の約1.8倍、日本(15%)の約2.5倍である。

 自己負担率が高ければ所得の低い重症患者ほど苦しむことになる。高校生の子供を持つシングルファーザーの40代男性は10数年前から週3回、1日4時間の人工透析を受けていたため定職に就けず、アルバイトをして生活費や子供の養育費、治療費を工面してきた。11年、進行性の胃がんであることが判明。がんは胃から大腸にまで転移し何度も手術を繰り返し、現在は人工肛門を付けて寝たきりの生活を送っている。

 一家は生活保護を受けており、家賃のほか保険適用範囲の医療費は無料だが、保険適用外の手術・治療費の負担が合計480万ウォン(約46万円)あり、現在も未払いのままだという。韓国の病院関係者は語る。

「韓国の医療制度には高額な自己負担に加え、必要な医療行為が保険適用されない問題がある。例えばエコーやMRIなどの検査費用。つい最近まで、内臓にがんなどの疑いがあって医師が検査の必要性を認めても、それらの検査費用は全額自己負担だった。自費と聞いた途端に『もういいです』となってしまう貧困層の患者は多い」

 数年前からは一定の条件を満たした場合に保険適用される方向で制度改正が始まったが、がんや脳疾患など一部の重症疾患のみ認められるなど、その範囲はまだまだ狭い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト