• TOP
  • スポーツ
  • 「どれも同じに見える」と言われるスポーツ紙 取材現場が影響

スポーツ

2014.03.12 07:00  週刊ポスト

「どれも同じに見える」と言われるスポーツ紙 取材現場が影響

 スポーツ新聞の苦境が続いている。日本新聞協会の調べによれば、2000年に630万7000部あった総発行部数は、昨年には387万3000部にまで激減した。なぜ、スポーツ紙から読者が離れたのか。最も多かったのが、この意見。
 
「どれも見た目が同じで区別がつかない。おまけに中身も、どれを買っても同じでつまらない。昔はもっと個性があった」(60代男性)
 
 この理由は、彼らの「取材現場」にこそある。プロ野球の試合前のバッティング練習。レギュラー選手が快音を響かせるなか、ベンチ前には大勢の記者たちがたむろしている。
 
 記者たちはもちろん、取材のためにそこにいる。しかし彼らは、遠目に練習風景を見つめるだけ。練習の順番が回ってくる選手が、次々とグラウンドに現われるが、軽く挨拶を交わすだけで、何かを聞こうとする雰囲気はない。むしろ、記者同士で談笑している姿のほうが目立つくらいだ。
 
 と、そこへ、ベンチの裏から監督が姿を現わした。
 
「おはようございます!」
 
 記者たちが挨拶し、雰囲気が変わる。
 
「おはよう~」
 
 監督は挨拶に応えながら、記者の間をゆっくりと通ってグラウンドへ出る。しかし、記者はここでも誰も声をかけようとしない。そのまま監督は、バッティングケージ後方に立って、練習を見つめはじめた。
 
 ルール上、今は話を聞いてはいけない時間なのだろうか。そんなことはない。事実、この直後、ある初老の男性が監督に近づいていった。監督と顔見知りのフリーのベテラン記者である。ほどなくして、両者のやりとりが始まった。

関連記事

トピックス