スポーツ

今年の阪神 たけし軍団に2-4で負けた暗黒時代の不吉な影想起

 阪神がおかしい。オープン戦では最下位を争うなど、昨年2位だったとは思えない体たらくぶりなのだ。縦縞軍団に何が起きているのか。そこにはあの長く苦しかった「暗黒時代」(1980年代中盤~2000年代前半)の再来を思わせる、不吉な影が差していた。
 
 オープン戦7連敗は球団ワーストタイ記録。球春間近い3月11日になってようやく初勝利を挙げ、虎党はホッと胸をなで下ろした。
 
 思えば今年はキャンプから、嫌なムードが漂っていた。話題になるのは、“臨時コーチ”の掛布雅之氏ばかりで、チームはさっぱり新聞の話題にも上らない。久しぶりに記事が出たと思ったら、新外国人・ゴメスの騒動。「家庭の事情」とやらで来日が2度も延期されたうえ、「微熱が出た」といって紅白戦を休む。結局3月半ばになっても、能力は未知数のままだ。
 
「ハズレの臭いがプンプンする助っ人やなあ。去年のコンラッドも最悪やったし。大丈夫かいな」
 
 そんな70代ファンの嘆きも、もっともだ。
 
「まァ、1回勝てたからエエわ。しかし、なんか昔に戻ったみたいやなあ」
 
 そう、オープン戦とはいえこの状況、なんだか懐かしい思いがしないだろうか。「最下位争い」、「ハズレ外国人」、「1勝してホッとする」……、虎党なら“あの頃の匂い”を感じるはずだ。いわゆる「暗黒時代」である。
 
 1987年から2002年にわたる17年間、阪神は最下位10回、5位2回という酷い低迷期にあった。そういえば今季で3年目を迎える和田豊監督は1985年に入団、2001年引退。つまり現役3年目から暗黒時代に突入した人物が、監督“3年目”を迎えるのだ。これも不吉な予兆か? 忘れたくても忘れられない、あの忌まわしい記憶がいま甦る──。

 1985年の日本一の余勢で、1986年はAクラス(3位)に留まった。しかし1987年は投手陣が崩壊。頼みの4番・掛布も.227という絶不調でチームは勝利から見放され、7 月7 日には借金を30まで増やし、早々と最下位を決めた。この年は、今でも球団ワーストとなる勝率.331を記録する。
 
 続く1988年。監督が吉田義男から村山実に交代したこの年も、開幕直後に不測の事態が起きる。5月、主砲・バースが、「長男の病気」のため帰国。その後の交渉もうまくいかず、そのまま退団したのだ。チームの不振は続き、2年連続で最下位。おまけに掛布がシーズン終盤に引退を発表し、大砲2本を失った阪神は、本格的な低迷期に突入した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン