芸能

レイザーラモンRG 先に売れた相方に「知名度上げてくれ感謝」

HGへの感謝の気持ちを語ったレイザーラモンRG

“あるあるネタ”でブレークし、今年2月にはピン芸人のNo.1を決める『R-1ぐらんぷり』で準優勝。今、ノリにのっているレイザーラモンRG(39才)だが、かつてはどん底に陥り、苦労の連続だった。好評シリーズ『転機』第4回では、相方、レイザーラモンHGが売れた時の心境、そしてピン芸人としてだけでなく、お笑いコンビ・レイザーラモンとしての今後についてRGに迫った。

――なかなか言わない“あるあるネタ”でずいぶん、テレビでも活躍するようになりましたが、生活も一変したんじゃないですか?

RG:家族で回らないお寿司に行けるようになったぐらいですよ。ただ、収入がまったくないどん底人生も知っているので、贅沢はできないです。子供もいますから、余計なお金は使わないようにしています。でも、家を買うってことが現実的になりましたね。

――2005年に相方のHGさんがブレークした時はどうだったんですか?

RG:あの時はHGのおかげで仕事が増えたんですよ。東京のテレビ局に出入りすることもありましたし、あいつがぼくのことをどう思っているかは知りませんが、全国的に認知度を上げてくれたことには感謝しています。だから今は、ふたりで漫才のほうにも力を入れています。あの時、HGが細木数子さんに番組で怒られたこととか、HGが“レイザーラモンにはRGというのがいる”と東京の番組でぼくのことを売り込んで知名度をあげてくれたこととか、ふたりの関係を落とし込んだ漫才ネタを作っています。

――HGさんといえば歌人の俵万智さんからも「言葉選びのうまい人」として桑田佳祐さんや中島みゆきさんよりも上として絶賛されていましたが。

RG:そうなんです! 俵万智さんとは『共感百景』(テレビ東京系)という番組で一度ご一緒しただけなんですが、ぼくがツイッターでやる“あるあるネタ“でつける“~しがち”というフレーズを“ロケットの発射台のようだから、『がち』に合わせていろいろとネタをやったほうがいい。RGさんがツイッターでやっているあるあるネタは道端の石ころにひとつひとつ名前をつけているようなものだ”とお褒めの言葉をいただいて。歌人の俵さんから絶賛されたということで、ぼくもツイッターでの肩書は『歌人』になっています。

――これからトライしたい“あるある”はありますか?

RG:旬で話題になっている人の“あるある”です。STAP細胞で渦中の小保方晴子さんのネタは先日、“小保方ある子”としてファンとのバスツアーでやらせていただきました。ゴーストライター問題の佐村河内守さんは自分のライブの時にやったんですが、ほぼ同時期にマキタスポーツさんも自分のライブで取り上げていたみたいで。こういう旬の人のネタは誰よりも最速でやりたいっていう気持ちは強いですね。

【レイザーラモンRG】1974年6月8日熊本県生まれ。学生時代にプロレス同好会でHGこと住谷正樹と知り合い、お笑いコンビ『レイザーラモン』を結成。コンビとしての活動のほか、ピン芸人として歌に合わせ「〇〇あるある早く言いたい~」を歌い続ける、あるあるネタでブレーク。ツイッターのアカウントは@rgizubuchi



関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン