スポーツ

白鵬の優勝会見拒否 夫人懐妊報道と父が取材されたためか

 大相撲夏場所は、横綱・白鵬が歴代3位となる29回目の優勝を果たして幕を閉じた。尊敬する大鵬(故人)の持つ史上最多32回の優勝記録更新まであと少し。しかし嬉しいはずの白鵬が、千秋楽翌日に行なわれる恒例の「一夜明け会見」を理由も明かさず拒否し、様々な憶測を呼んでいる。
 
 モンゴル人力士と日本人力士の扱いの違いに心を痛めたという説も囁かれているが、ある角界関係者は別の見方をする。
 
「横綱は優勝を決めた日の夜には、NHKの番組にいつもと変わらず出演し、機嫌良く話している。会見を拒否したのは、番記者への反発ではないか。最近、関係が微妙になる事件がいくつかあったと聞いているよ」
 
 最も有力とされているのが白鵬夫人に関する話だ。
 
 実は現在、白鵬夫人は第4子を懐妊しており、今秋にも出産予定だという。ただこれについて、千秋楽の日の中入り後、白鵬のマネージャーから記者クラブに、「もし優勝しても妊娠については書かないでほしい」との通達があった。
 
「この日の朝、あるスポーツ紙が夫人の妊娠を報じてしまったのです。まだ安定期にも入っていないし、後援者にも報告していなかったから、白鵬としては相当腹に据えかねたらしい。記者の前で機嫌が悪かったのは、この内容をかぎつけられて、何かの形で取材をされたからではないか」(関係者)
 
 いわれてみれば、優勝後の支度部屋での記念撮影時、これまでは横にいた夫人の姿がなかった。体をいたわって欠席したのだろうか。
 
 番記者に反発した原因とされる説は他にもある。本誌が取材を進めると、他の角界関係者たちから、以下のような証言が得られた。
 
「白鵬の父に厳しい取材をかけたためだと聞いている。お父さんは現在体調が芳しくなく、白鵬も非常に心配しているから、反発したのではないか」
 
「先日亡くなった前理事長・放駒親方の通夜に、現役の横綱では白鵬だけが参列しなかった。理由について、記者からしつこく問い詰められたためだ」

 いずれにせよ、記者の取材に不満があったから、という点は共通している。温厚な横綱の逆鱗に触れたのは、スポーツ紙が久々に発揮したスクープ根性だったのだろうか。白鵬は本稿締め切り時点まで沈黙を貫いている。

※週刊ポスト2014年6月13日号

関連キーワード

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン