ライフ

6年連続で宝くじ1億円超の高額当せん出す山口県宇部市に注目

 瀬戸内海で獲れる新鮮な魚から作られる『宇部かま』や、霜降山から湧いた地下水で作られた『貴』などの日本酒が特産品として有名な山口県宇部市。今、人口17万人ほどの小さなこの町が、宝くじファンの間で話題を呼んでいる。

 その発端は、5月30日に抽せんが行われた『ロト7』で、6億3000万円を超える高額当せんが出たことだ。

 この当せんで、宇部市内の売り場から6年連続でジャンボ宝くじなどの“億当せん”が生み出されたことになり、まさにノリに乗っている街なのだ。風水心理カウンセラー・谷口令さんはこう語る。

「金運は、“西”へ流れていくといわれています。ですから本州のいちばん“西”に位置する山口県には、金運が集まるんですよ。 そんな“幸運の県”の中でも、空港のある宇部市には、風のエネルギーが、金運を運んできてくれます。宝くじの高額当せんを狙うにはばっちりの街ですね」

 前述した『ロト7』の約6億3000万円を出したのは、『ウェスタまるき西岐波店宝くじ売り場』だ。これまでは高額当せんの実績も少なく、100万円の当せんが最高だった。突然の“億当せん”に「腰が抜けそうになった」と話してくれたのは、販売員の武田恵子さん。

「見たことのない当せん金のケタ数だったので、何度も数えてしまいましたよ。この店は、買い物帰りにふらっと立ち寄る常連のお客さんが多いんですが、ほとんどのかたがいつも同じ数字を買っていくんです。“継続は力なり”ってことですかね」

 同売り場の当せんで、宇部の“億当せん”は6年連続に。その記録のはじまりは、2009年、年末ジャンボの1等・前後賞合わせて3億円が2組当せんした『宇部琴芝チャンスセンター』だった。同売り場は、35年の歴史があるが、2009年までの当せん金の最高額は1000万円。

 売り場担当の亀山賢次さんは次のように振り返る。 「やっと億当せんが出たと思ったら、一気に2組ですからね。こんな小さな町で、しかも同じ売り場から億当せんが2組も出たんですから、本当に珍しいことです」

 その後も、2010年と2011年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて3億円が出たほか、2012年のドリームジャンボでも1等・前後賞合わせて1億1000万円が当せん。まさかの4年連続で億当せんを出し、“奇跡の売り場”として北海道や沖縄など全国各地から買いに来る人もいたほど。

『宇部琴芝チャンスセンター』のバトンを引き継ぎ、翌年(2013年)、宇部市内の“5年連続億当せん”を実現させたのが、『宇部メルクスチャンスセンター』だ。 売り場の外観をイエローゴールドに改装した直後の、2013年の年末ジャンボで1等・前後賞合わせて7億円が当せんした。

 前出の亀山さんは、「普段宝くじに興味のないかたでも、“これだけ宇部で当せんが続いているんだから、私も買わなくちゃ”と興奮気味に売り場を訪れる人も多くいますね」と言う。

 同売り場では、高額当せんを祈願して、売り場にある招き猫を毎日磨き、売り場の掃除も徹底的に行っているという。それにしても、6年連続億当せんだなんて、宇部市おそるべし! 1等・前後賞合わせて1億円が当たる『幸運の女神くじ』が、7月1日まで発売中。金運の集まる宇部市で、“幸運の女神”を見つけてみてはいかが?

※女性セブン2014年7月3日号

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン