国内

自衛隊 物量で大きく上回る中国軍に対し単独で島嶼防衛困難

 中国が尖閣諸島占領に動き出したとして、「尖閣(魚釣島)奪還作戦」をシミュレートする際、米軍が参加した場合、戦闘機の性能差などもあり、日米軍の圧勝が予想される。だが、自衛隊が単独で戦うとなれば状況は一変する。

 中国から紛争を仕掛けてくるケースでは、海戦に突入する前に、中国軍が尖閣諸島に上陸していることも十分に考えられる。魚釣島奪還作戦はどのように展開するか。

 魚釣島から10kmの沖合に停泊する護衛艦「むらさめ」から陸上自衛隊「西部方面普通科連隊(西普連)」の精鋭数十名がゴムボートに乗り、恐らくは夜陰に乗じて島に上陸し敵陣を偵察、攻撃を加え、後続部隊(計200名)上陸の地ならしをするのがセオリーになる。

 本来であれば先に精密誘導弾を使用した航空兵力で敵陣地を叩く方法も考えられるが、中国側が「魚釣島に上陸したのは民間人」と言い張るケースも想定し、自衛隊は上陸→奪還のシナリオを用意している。

 後続の第2陣は沖合の「おおすみ」からエアクッション型揚陸艇で、第3陣は輸送ヘリCH-47からのヘリボーンで上陸する。しかし、先遣部隊の上陸地点には大量のクレイモア地雷が仕掛けられている恐れもあるうえ、待ち受ける武装兵の機銃掃射をかいくぐって部隊を島へ送り込むことは多大な犠牲を覚悟しなければ不可能だろう。

 かねて指摘されてきたことだが、日本は戦略上重要な島嶼を多数有する一方で、それらの防衛や奪還のための装備、兵員、ノウハウが明らかに足りていない。

 要となるのは「おおすみ」型の輸送艦(国際的には強襲揚陸艦)だが、中国の揚陸艦と比べても小型であり、わずか3隻しかない。上陸作戦を専門にする海兵隊もおらず、防衛・奪還の対象が複数の島になれば、中国との優劣はますます明らかになるだろう。

 艦船、航空機、兵員でも中国は物量で自衛隊を大きく上回る。今回のシミュレーションで明らかになったのは、自衛隊が十分に戦える能力を持つことと同時に、中国軍を圧倒することまでは難しいという明暗両面の現実だ。戦いが長引き、両軍に損害が広がる状況になれば、じりじりと追い詰められる可能性が高い。

 希望的観測で戦争はできない。現実を直視すれば、現行の自衛隊では、米軍抜きの島嶼防衛は非常に難しいとみるべきだ。

※SAPIO2014年7月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン