• TOP
  • ビジネス
  • 夏の旅行「祖父母の孫旅」が増加 美術館や博物館巡りが人気

ビジネス

2014.07.21 07:00  NEWSポストセブン

夏の旅行「祖父母の孫旅」が増加 美術館や博物館巡りが人気

 家族旅行が増える夏休みに合わせ、旅行会社やホテルなど、宿泊施設による様々なプランに孫と一緒の「孫旅」を意識したものが増えている。たとえばJTB旅物語では孫と一緒に行く3世代旅行向けのコースが拡充され、はとバスでは3世代旅行を意識して通常は大人の3000円引きになる宿泊ツアーの子ども料金が今年から半額になった。そして、美術館や博物館などへ出かけるプチ孫旅も増えている。

 小学校1年生の男の子と、幼稚園年少の女の子の孫がいる60代の男性は、「孫と一緒に旅行できるのであれば楽しいし嬉しい。けれど、1日を超えると体力が持たないので日帰りがベストかな?」と残念そうに言う。

「まだまだ日常生活で世話を焼かなければならない小さな子たちですから、手がかかります。いきなり走り出したりするので、こちらの体力もいる。それに、ふだんは気が置けない娘夫婦であっても孫を連れて行くとなると気をつかいます。泊まるとなるとなおさらです。孫と一緒なら、日帰りで買い物や博物館へ出かけるのが時間も予算もちょうどいいですよ」

 夏休みには毎日の来館者が約1000人になる東京おもちゃ美術館の山田心さんによれば、「統計ではなく印象ですが」との前置きつきで「最近、祖父母と一緒に来館されるお子さん、特に親世代も一緒に3世代で来られる方が目に見えて増えているように思います」という。

「手作りおもちゃ教室に参加される方には、親子ペアだけでなく祖父母ペアも増えています。親世代と子どものペアに比べて、お孫さんと参加されている方はとくに一緒に楽しむ時間をとても大切にされている印象が強いです。

 夏休みが近くなると、遊びに来る孫のためにと電話での問い合わせが増えます。なかには、下見のために来館される方もいらっしゃいます。確実に楽しませてあげたい意気込みを感じますね。仕事をされていたときの習慣を生かしているのか、綿密な準備をされる方には男性が多いです。もともと遊びの達人だったおじいちゃんやおばあちゃんの普段は見られない達人ぶりに接すると、お子さんたちは皆、尊敬の目で見つめますよ」

関連記事

トピックス