芸能

ねづっち 小保方さんとかけて「政治家の権力争いと解く…」

小保方さんなぞかけを披露したねづっち

 蝶ネクタイに赤いチェックのジャケット姿がトレードマーク。「整いました!」のフレーズから始まる即興なぞかけで大ブレークを果たした、お笑いコンビ・Wコロンのねづっち(39才)。大好評シリーズ企画「転機」今回は、ねづっちになぞかけを始めたきっかけ、作るコツなどを語ってもらった。そして、話題のあの人もなぞかけのネタに…。

――なぞかけを始めたきっかけは?

ねづっち:13~14年くらい前に浅草の東洋館に出ていて、落語家さんが話の枕の部分でなぞかけをやっていたんですよね。それを舞台袖で見ていて、これよりうまいのを作りたいなと思って始めました。初めは趣味でやっていたんですよ。コージー冨田さんもなぞかけが大好きで、定期的にお酒を飲みながらずっとなぞかけをやってます。

――早くひらめくようになるポイントは?

ねづっち:関連ワードをいくつか出すんです。一番手っ取り早いのは、同音異義語を先に考えてから、なになにと解きますの部分を後から当てはめるんです。慣れですね、誰にでもできますよ。

 例えばお題が「日本茶」だと、急須や葉っぱやグリーンティー、そういう関連ワードがありますよね。グリーンティーだとゴルフと関連つけられるので、「お茶とかけてゴルフと解く、その心は、どちらも“グリーンティー”があるでしょう」というオチになります。「子育てと説いて、発破(葉っぱ)が大事」だとか、「ピンチと解いて、万事休す(急須)」とか。あとは、ドヤ顔さえしておけばなんとかなる (笑い)。

――ニュースなどのネタから「○○でやって」と言われることもあるんじゃないですか。

ねづっち:そうですね、話題のニュースがあると、よく“発注”うけます(笑い)。

――では、STAP細胞騒動で渦中の小保方晴子さんでは?

ねづっち:(すぐに)整いました。小保方さんとかけて、政治家の権力争いと解きます。

――その心は?

ねづっち:そこに利権(理研)が絡むでしょう。

――さすがですね。では、ゴーストライター騒動の佐村河内守さん。

ねづっち:(すぐに)整いました。佐村河内さんとかけまして、余裕のふりして1位をとると解きます。その心は、実際は2位が気(新垣)になりました。

――やっぱり早いですね。「整いました」と言うのも、初めから?

ねづっち:2005年の夏だと思うんですけど、スピードワゴンさんがラジオのゲストに呼んでくれまして。小沢(一敬)さんにお題を出された時に、なに気なく「整いました」と言ったんです。そうしたら2人が「なんだよ、整いましたって!」と食いついてくれて。それからは「整いました」と言うようにしました。一言あると違いますよね、転機ですね(笑い)。

――ブレークしたきっかけは?

ねづっち:U字工事の2人が『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で町工場芸人というのをプレゼンしたんですけど、それにぼくの名前も入れてくれて。そのオンエアがあった1週間後にすぐ、また『アメトーーク!』が声をかけてくれたんですよ。なぞかけをやったときに、雨上がり決死隊の宮迫(博之)さんが番組内で「今年来るで!」と言ってくれたんです。そこからですね。あれは本当にありがたい一言、恩人ですよ。

――そこから仕事の依頼がじゃんじゃん?

ねづっち:そうですね、そこから1年はハンパなかったですね。休んだのは自分の結婚式の1日だけ。当時は電車で移動していたんですけど、睡眠は1日3時間くらいで、電車に座った瞬間に寝ちゃうんですよ。あまりにも眠くて (笑い)。

――最高月収はかなりいったんじゃないですか?

ねづっち:500万円くらいですかね。でも1回だけですよ、S-1バトルの賞金(1,000万円)が入ったりして。賞金は引っ越し代に消えました。それまで嫁とひとつのシングルベッドを使っていたんですけど、ベッドが2つになりました(笑い)。嫁には食えない時にいっぱい食わせてもらったので、好きなだけ使えって偉そうに言っちゃったんですよ。そうしたら本当に好きなだけ使うから、さすがにやめてくれって(笑い)。

――最低月収は?

ねづっち:芸人なんて初めはゼロですよ。一番最初のライブに出た時には500円を2人で分けて250円ですから。交通費は自腹なので、当時は浅草まで自転車で行ったりしましたね。1時間20分くらいかかりました。帰りに雨に打たれると絶望的な気分になるんですよ。

――そんな時期は、奥さんが支えてくれたんですね。

ねづっち:そうですね。嫁が住んでいるワンルームにずっと寝泊まりしていて、これじゃだめになるからって、一緒に住む部屋を探したんです。6万円くらいならなんとかなるんじゃないかって言ったんですけど、「それじゃ頑張らないだろうから」って、嫁があえて10万円いくらの部屋にしちゃって。家賃はぼくが出したんですけど、バイト代が全部そこで飛んじゃう。だから「スイカチャージしたいからお金頂戴」とか、必要になったらその都度もらうという感じでした。

――バイトはいつまでしていましたか?

ねづっち:2009年までいろいろしていましたね。22才から3年間は、ダンディ坂野さんとマクドナルドで一緒にバイトしました。ダンディさんは週6で、ぼくは週5でしたね。ダンディさんは真面目で、お喋りしてると“ねづ君、そういう態度だとおいしいハンバーガーを作れません”って。本当にマックの人間じゃないかと思ったぐらい(笑い)。

――これからの目標は?

ねづっち:今やっている事を続けたいだけなんです。それが結局、死ぬまでということになるじゃないですか。なぞかけは一生続けていこうと思いますからね。内海桂子師匠なんて90才過ぎても舞台に立ってカッコイイじゃないですか。ぼくもああなりたいですね。

【ねづっち】
1975年2月18日生まれ。東京都出身。1997年、芸人デビュー。2004年、木曽さんちゅうと漫才コンビ・Wコロンを結成。「整いました!」は2010年の流行語大賞トップ10入り。漫才新人大賞特別賞や浅草芸能大賞新人賞などをはじめ、数々の賞を受賞。2012年に漫才協会の第24代真打に昇進。動物や食べ物などのなぞかけを集めた児童書『江戸のなそなぞ なぞかけランド』3部作(理論社)が発売中。

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン