芸能

東野幸治も公認か 「出戻り妻」が有名ホストと焼き肉デート

 新宿・歌舞伎町のホスト街で、東野幸治(46)の妻・Aさん(42)はちょっとした有名人だ。

「彼女は7~8年前からこの街では名が通っています。お気に入りのホストの誕生日にはドンペリでシャンパンタワーをしたり、一晩で数十万円を支払うこともある“太い客”。最近は人気店『S』の代表のSにご執心らしい」(ホストクラブ関係者)

 本誌記者も、7月22日深夜、S氏にエスコートされながらホストたちに囲まれて店を出てくるAさんの姿を目撃した。

 Aさんは27日深夜にも同店を訪れ、店を出た後はS氏と寄り添うように歌舞伎町の街を歩いた。2人が向かったのは、ホルモンで有名な東新宿の焼肉店。焼肉をつつきながらS氏のトークに「も~、やめてよ~」と応じるAさんの笑顔は、まるで初恋に恥じらう乙女のようだった。

 食事を終え、タクシーに乗り込む2人。本誌記者は「もしや……」と緊迫したが、S氏はホストクラブの前で車を降り、Aさんは自宅へと戻った。

 とはいっても、こんな姿の妻を見たら、さぞ東野は怒るのでは? と思いきや、実はそうでもないらしい。芸能関係者がいう。

「東野さんは、奥さんに全く頭が上がらないんです。Aさんはもともと東野さんのファンで、売れない時代に献身的に支えていた。時には100万円ほどの借金を立て替えたこともあったそうです。

 東野さんの口癖は『自分が売れたのは妻のおかげ』ですからね。吉本芸人の中でもトップクラスの収入となった今では、奥さんの豪遊は黙認状態です」

 だからといってホスト遊びを認める感覚は理解しがたいところだが、芸能関係者はこう続ける。

「今の結婚生活は東野さんが頼み込んだから、立場が弱いんじゃないでしょうか。東野夫婦は2001年に離婚したんですが、3年ほどたってから、東野さんが頭を下げてまた一緒に暮らすようになった。

 2011年には復縁しましたが、その時にはすでに奥さんのホスト遊びは有名でしたから……。2010年には女性誌でS氏とは別のホストにハマる姿が報じられていますしね。もしかして、『ホスト通いをやめるくらいなら別れる!』とでもいわれてるんじゃないですか(笑い)」

※週刊ポスト2014年8月15・22日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン