芸能

江角いじめ名門校の有名人ママ「明日は我が身」と戦々恐々

 江角マキコ(47才)がブログでママ友にいじめられた体験を告白したことに対し、ママ友有志が2053文字の抗議文を女性セブン(8月21・28日号)に掲載したことで、騒動はどんどん広がっているという。

 ママ友は江角派と反・江角派に分かれてしまい、江角派からは反・江角派のボスを「あの女なんです!」と名指しする声が多数上がってきた。しかも彼女もまた有名人だという。

 今回江角のママ友いじめの舞台になったのは、幼稚園から大学までの一貫校で、お受験の倍率は高いときで10倍超。政治家や俳優、歌舞伎役者、スポーツ選手、ミュージシャン、アナウンサーなど多くの著名人を輩出し、彼らの子供たちも多く通う名門私立だ。

「バザーや運動会などの学校行事では、子供の学年が違っても芸能人の保護者同士で固まることが多いんですよ。やっぱり同じ業界にいながらの子育てですから話も合いますからね。江角さんと彼女も、当初は仲よしだったはずです」(学校関係者)

 しかし次第に、江角は煙たがられる存在になっていったという。

「小学校はどんな有名人の子供でも特別扱いしないという校風で、そのあたりは親のほうが心得ていて、学校行事などでは地味な服装で来て、PTAの集まりでもじっと話を聞いている人が多いんです。でも江角さんは違いました。『ショムニ』やテレビで見るままの、言いたいことをずばっと言う強気な感じなんです。先生たちでさえ何も言えない剣幕の時がありました」(前出・学校関係者)

 実際『週刊新潮』は、江角が「肩掛けカバンは発育に悪いから、ランドセルにすべき」と主張し運動を起こしたが、彼女の意見に賛同しない保護者グループがあり、結局実現しなかったことがあったと報じている。

 また、ささいなことで、学校理事に手紙を書いていたとも伝えている。

「反・江角派のボスといわれている彼女は同じ有名人ママという立場にあったからこそ、江角さんの出すぎた言動に疑問を持ち始めたんでしょう。ランチ会で江角さんがしばしば話題にのぼるようになったことから、“反・江角”の狼煙(のろし)を上げたと聞きました。もっとも反・江角派のボスといわれるほどですから、彼女自身も他の保護者に対して相当の影響力を持つ存在。他の保護者はもちろんですが、同じ有名人ママという立場のとある女性は、“どうか火の粉が降りかかりませんように…”と祈るような思いで日々を過ごしていると言っていました」(別の学校関係者)

 今では江角は運動会に来ても、校舎の2階の端の目立たない場所で静かに観戦しているというが、他の有名人ママにとっては「明日はわが身」の象徴となっているのかもしれない。

※女性セブン2014年9月4日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン