ライフ

【著者に訊け】花村萬月氏 斬新な時代小説『弾正星』を語る

【著者に訊け】花村萬月氏/『弾正星』/小学館/1700円+税

 その年、見たこともない〈帚星(ほうきぼし)〉が流れたことは、因果はどうあれ史実が記す。松永弾正こと久秀が、信長所望の茶釜「古天明平蜘蛛(こてんみょうひらぐも)」を抱いて自爆した、天正5(1577)年秋のことだ。

 戦国の梟雄(きょうゆう)と恐れられた悪人の死と、史上最大級の彗星接近は偶然重なっただけかもしれないが、人々はそれを『弾正星』と呼んだ。果たして吉兆か・凶兆か、渦中の者には知る由がないのも、また歴史ではある。

 さらに人の世でわからないものの一つが「人間の相性」だと花村萬月氏は言い、何かと謎の多い久秀の生涯と、後に彼と義兄弟の契りを結ぶ〈丹野蘭十郎〉の“男同士の関係”を、本書は描く。

「蘭十郎は俺の創作だけど、事実関係は一通りのものは読んで調べてはいます。要するに俺は単に史実を翻訳した時代小説じゃなく、時代劇が書きたいんだよね」

 書や茶の道に通じ、性技指南書まで残した教養人は、信長や三好衆に離合を重ね、東大寺大仏殿の焼き討ちや将軍義輝暗殺にも関わったとされる。だがこれは「悪」なのだろうか?〈死ぬまで生きる〉を唯一の信条とした稀代の大悪人は、要するに早すぎただけなのだ。

「女好きのホモ」を、かねがね自称する。

「結局、女と遊ぶより男と遊ぶ方が、楽しいんだよね。一緒にバカをやったり風俗へ行くだけで虚構を共有できた気がするし、『一緒に女を知った仲だから一生信じられる』なんて、女同士にはない感覚だと思う(笑い)。かと思うと相手は何も悪くないのに気配がいやだとかで大嫌いにもなる。セックスが介在しないからこその相性の理不尽さも小説を書き進める隠れた軸になりました」

 出会いの時、久秀は時の管領細川晴元の重臣として実権を握る三好範長の若き右筆(ゆうひつ)、蘭十郎は老母を抱えて職に窮していた。三好家の右筆に空きがあると聞き、幼馴染の雄之進と字の巧さを売り込みに来た蘭十郎は、久秀の才気と毒気にのっけから翻弄されることになる。

 それは勤めを切り上げた久秀との帰り道、彼は何が気に障ったのか、戯言紛れに刀を抜き、雄之進の首を突然刎ねたのだ。あまりのことに立ち尽くす蘭十郎になぜか久秀は家を案内させ、京の場末に建つあばら家で醜く寝入る老母の姿を見て、しきりに涙を流すのである。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン