• TOP
  • 芸能
  • 国体優勝の杉村太蔵「テニスにどれだけ助けられたか」と述懐

芸能

2014.09.22 07:00  女性セブン

国体優勝の杉村太蔵「テニスにどれだけ助けられたか」と述懐

 錦織圭選手(24才)の全米オープン準優勝で日本中が盛り上がったが、実はテニスで国体優勝経験を持つのが元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏(35才)。高校3年生のときに、なみはや国体のテニス少年男子で優勝した腕前を持つ。タイゾーがテニスで得たものとは?

 * * *
 ぼくはテニス一家に育ちました。祖父は北海道旭川で初めてテニスをした人物で、自分でテニスクラブを作ってしまったほどのテニス好き。父がそのテニスクラブを継いで経営しているので、実家には2面のテニスコートがあります。そんな環境だから、ぼくは生まれた直後にラケットを握らされていたらしく、小学4年生のときに自然とテニスを始めていました。

 今ではテニスをやっていて本当によかったと思っています。テニスにどれだけ助けられたかわかりません。

 国会議員時代は、官僚や国会議員の先生がたによくテニスに誘っていただきました。それを機にかわいがっていただき、政策のことなどを勉強させてもらう機会が増えました。

 海外に行った際には、テニスコートにラケット1本持って行けばすぐに現地の友人ができますしね。テニスを通じてできた仲間も多いです。

 テニスは老若男女ができるスポーツです。50才からでも60才からでも、始めるのに遅いことはないと思います。ダブルスの大会でペアの合計年齢を100才以上に限ったものだってあるんですよ。50才同士のペアでもいいし、70才と30才でもいい。世代を超えて楽しめるんです。

 テニスコートは全国どこにでもありますし、ラケットとシューズさえあればすぐにできます。時間も1時間あればたっぷり汗をかけます。年齢に関係なく始められ、気軽にできて、しかも交友関係が広がる。それがテニスの奥深さだと思います。

 ぼくは今でも2週間に1回ぐらいのペースで仲間とテニスをやっています。いずれは父、ぼくと家内、2人の子供の3世代でプレーするのが夢ですね。

※女性セブン2014年7月10日号

関連記事

トピックス