芸能

田中康夫氏 「携帯電話やメールの登場で考える葦が退化した」

 1980年に文藝賞を受賞、翌年1月に出版され大ベストセラーになった、作家・田中康夫氏の『なんとなく、クリスタル』。33年経った今年11月末、続編が発売される。その名も『33年後の、なんとなくクリスタル』。

≪当時は全国津々浦々で真っ当に働き・学び・暮らす老いも若きも、それぞれに夢や希望をいだいていたのだ。パステルカラーに彩られた“一億総中流社会ニッポン”の一員として≫…同書にはこんな一節がある。

「昔はカフェならぬ喫茶店でも、電話を取り次いでくれる所を待ち合わせ場所に選んだ。ハチ公前で待ち合わせした相手が遅れると、交通事故にでも遭ったんじゃないかと気をもんだもの。携帯電話やメールの登場でそんな心配はなくなった。でも、逆にその分、相手の気持ちや状況を想像する“考える葦”が退化しちゃったかも」と田中氏は言う。

 音楽も同じ。かつて彼女や彼の部屋で、ドライブする車の中で、恋人たちが親密さを増すのに一役かっていた音楽は、いまやスマホにダウンロードしてイヤフォンで聴くものになって、人との関係を遮断している。

「会話を楽しむための触媒としての音楽が、逆にコミュニケーションを断ち切る装置になってしまい、ネット上でも一方通行の言いっ放しばかり。便利になったはずなのに殺伐としてしまった。だからこそ、人の顔が見える、体温を感じられる社会のあり方を、みなが問い直しているのだと思います」(田中氏)

※女性セブン2014年11月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン