芸能

Snow Man渡辺翔太、阿部亮平 クリスマスの妄想デート語る

 ジャニーズJr.の中でも人気の高いユニットSnow Man。デビュー組からも絶大なる信頼を受け、コンサートに舞台にと華を添えている。そんな彼らに、クリスマスにやりたい極上デートをそれぞれ考えてもらい、語ってもらった。

 渡辺翔太が考える妄想クリスマスデートとは?

「“おれ、24日空けてあるからお前も絶対空けておけよ”と数日前に彼女を誘い、当日は19時に彼女を家に呼び、お揃いのモコモコの部屋着に着替えてふたりでスーパーに買い出し。事前にメニューは決めずに、“何にしよっか”なんて他愛もない会話を楽しみながら。

 ぼくはお酒があんまり得意じゃないから、シャンパンではなくノンアルコールを買う。メニューは『キムチ鍋』に決定! 家に帰って準備してふたりで鍋を食べて、21時過ぎてから横浜方面にドライブ。大桟橋のあたりから山下公園、山手を通って23時ころ帰宅。

 事前に買っておいた生クリームにイチゴという定番のケーキを食べて、食べ終わったら“最後に…ワタナベ、食べたいなら食べれば!”と締めます!! 朝は仕事に向かう彼女を見送りつつも、即行で車で追いかけて職場に送りたい。もちろんそのときも“乗りたいなら、乗れば?”って言うよ」

 続いては、阿部亮平が語る。

「ぼくはホワイトクリスマスに憧れてるので、クリスマスの夜が初雪! ってのが理想。手のひらに落ちてきた雪をのせて“きれい~‼ でもお前の方がきれいだよ!”なんて言っちゃったりして(笑い)。

 しんしんと雪が降る中、彼女と二人っきりでおれの作った料理を振る舞います。想定では、いつも彼女がおれのために料理を作ってくれるんですよ。だから、クリスマスだけはおれが作るの。料理は全くできないんですけどね、その日だけは頑張るんだ。

 ケーキはスポンジだけ買ってきて、生クリームギュッと絞ったりフルーツのせたり、ふたりでの共同作業を楽しみます。クリスマスツリーも一緒に飾りつけがしたいな。オーナメントつけたり、フワフワしたの付けたり、で最後に星を付けてチューしちゃおうかな」

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン