ライフ

天皇陛下は新年、もっとも丁重な作法で神々への崇敬を表す

 かつて国家的行事だった宮中祭祀は、戦後、「天皇家の私的行事」とされ、国民に知られることはほぼなくなった。しかし、森深い皇居の奥では、神聖かつ神秘的な祭祀が昔と変わらぬまま連綿と続いている。正月といえば、新年の一般参賀くらいしか思い浮かばないかもしれないが、天皇陛下は元旦から休まれることはない。祭祀を通じて神々への感謝と国家国民の安寧を祈る天皇陛下の祈りは深い。

 宮中祭祀の一年は元日の朝、夜も明けきらぬ早朝から始まる。黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう=平安時代に定められた天皇のための束帯装束)姿の天皇陛下が神嘉殿の前庭に降り立たれ、屏風で四方を囲まれた御遥拝所(ごようはいじょ)に入る。そこで行なわれる儀式が「四方拝」(しほうはい)だ。天皇陛下はまず伊勢の方角(皇祖・天照大神)に、次いで東南西北の順に、「両段再拝」で拝礼される。

 その作法は神拝のうち最も丁重なものだ。笏(しゃく)を右手に持ち正座姿勢から右足より立ち、両足をそろえ、両手で笏頭を目の高さまで掲げ、腰を折って深々と頭を下げながら、左足から正座に戻り、そのままうつ伏せられる(一連の動作を起拝と呼ぶ)。起拝を二度繰り返した後、深く頭を下げる。その後さらに、起拝を二度繰り返す。前段と後段で二回ずつ、合わせて四回起拝を行なうから「両段再拝」なのだ。天皇陛下のご拝礼は常にこの丁重な作法による。

【暦の凡例】
日付
祭祀・行事名
概要 
出御・お出まし

1月1日
【四方拝】
午前5時半に天皇が黄櫨染御袍で神嘉殿の前庭にて伊勢の神宮、山陵及び四方の神々を遥拝する年初の行事。平安時代に始められた。
天皇

【歳旦祭(さいたんさい)】
四方拝の後、宮中三殿で皇祖・皇霊・天神地祇(てんじんちぎ)をまつり五穀豊穣・国民安寧を祈る年始の祭典。2日、3日も掌典職による奉仕がある。
天皇 皇太子

1月3日
【元始祭(げんしさい)】
年始に皇位の大本と由来とを祝し、国家国民の繁栄を三殿で祈る。
天皇・皇后 皇太子・同妃 各宮家の皇族

1月4日
【奏事始(そうじはじめ)】
宮殿鳳凰の間で掌典長が前年の伊勢の神宮及び皇室の祭祀のことを天皇に申し上げる行事。
天皇

1月7日
【昭和天皇祭】
昭和天皇の崩御(ほうぎょ)された日に皇霊殿で執り行なわれる(武蔵野陵〔むさしののみささぎ〕においても祭典がある)。夜には御神楽(みかぐら)が奏される。
天皇・皇后 皇太子・同妃 各宮家の皇族

1月30日
【孝明天皇例祭(こうめいてんのうれいさい)】
孝明天皇の崩御された日に皇霊殿で執り行なわれる(後月輪東山陵〔のちのつきのわのひがしやまのみささぎ〕においても祭典がある)。夜には御神楽が奏される。
天皇・皇后 皇太子・同妃 各宮家の皇族
 
※SAPIO2015年2月号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン