ライフ

新大久保キムチ店 生き残りかけ日本人向け梅干しキムチ考案

 韓国料理店やK-POPアイドルショップが軒を連ねる東京・新大久保。韓流ブームで大きな賑わいをみせた数年前に比べ、ブームが下火となった印象は拭えないが、それでも足を運ぶ客は絶えない。こうした状況で、各店舗が様々な工夫をこらして生き残りを模索している。

 たとえば、20種類以上のキムチを取り扱っているというキムチ専門店では、他店にはない種類のキムチを多く扱っている。店主が語る。

「長芋のキムチや生姜のキムチ、それから梅干しキムチが人気。ほかにも、おすすめのものだとトマトキムチや山クラゲキムチなども取り揃えています。化学調味料は使っていないし、砂糖も使っていない。本格的な韓国の味だから、ぜひお土産に買っていって欲しい」

 人気商品だという「梅干しキムチ」は、たしかに他ではなかなかお目にかかれない珍しい一品だ。実際に韓国にもこのようなキムチが親しまれているのか店主に伺うと、以下の様な答えが返ってきた。

「答えづらいけれど、梅干しキムチは韓国にはありません(笑い)。これは日本人に合わせて作っているから。でも美味しいからぜひ食べてみてください」(同前)

 生き残りをかけた商戦が激化している新大久保。韓国料理を扱う店舗では、日本人の舌に合わせた商品開発で他店との差別化に奔走しているようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト