• TOP
  • ライフ
  • 暑がり太目嫁 「動くと温まるわよ」で冬の家事は全て夫任せ

ライフ

2015.02.08 16:00  週刊ポスト

暑がり太目嫁 「動くと温まるわよ」で冬の家事は全て夫任せ

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、メガバンク勤務のご主人(56歳)。奥様(55歳)が奨める防寒対策は「動くこと」だとか。

 * * *
「寒い時は動く! これがエコだし、一番いいのよ」と妻。そういっている本人は、「私は寒くないから」と全く動きません。太ってるから暑がりなんですよ。

 必然的に、僕が寒そうな態度を見せると「ハイ、動いて!」、家事をさせようとします。休日も掃除や洗濯をするのは僕の役目。妻は「少しも寒くないわ~」と『アナ雪』の主題歌を口ずさみながらテレビ鑑賞です。

 僕がちょっとでも手を休めると「ホラッ、動かないと! 私はサボってるんじゃないのよ。ホントは自分で家事やりたいんだけど、アナタが温かくなるようにジッと耐えてるの」。といいながら、いつもバラエティ番組を観て「ガハハ」と大笑いしています。

 料理も、作ってはくれるんですが「ハイできたわよ。取りに来て」。配膳は僕の役目。皿洗いも「けっこう動くから暖まるわよ」というんですが、温水NGのため、もの凄く冷えます。

 さすがに限界を感じ「そんなにケチらなくても」といおうとしたら、右手で僕の口をピシャリと押さえ、「私は家計を考えていってるの。安月給をやりくりして、貯えもないんだから」。心の中でつぶやきました。「貯えならあるだろ。お前のお腹にたっぷりな」と。

※週刊ポスト2015年2月13日号

関連記事

トピックス