• TOP
  • ライフ
  • 年間9万人来訪の熱海秘宝館 「今後も娯楽性追求」と支配人

ライフ

2015.02.13 11:00  週刊ポスト

年間9万人来訪の熱海秘宝館 「今後も娯楽性追求」と支配人

日本最後となった熱海秘宝館の「飛び出すヒップ」

 JR熱海駅から車で海沿いに約10分の距離にある山麓駅から、「日本一短い」ロープウェイで山頂駅に上がるとすぐに「大人のためのおとぎの国」が姿を見せる。日本に残る唯一の秘宝館「熱海秘宝館」だ。眼下には穏やかな相模湾が広がり、遠く初島や大島が見渡せる。
 
「わぁ~きれい!」とセクシータレント・翔田千里さんのテンションが早くも上がる。入館料は80年の開館以来ほとんど変わっていないという1700円。18歳未満は入館できない。
 
「バブルの時に一度来たことがあるの。懐かしい!」とズンズンと館内へと進む翔田さん。

「愛に 愛に 愛にささやく 熱海秘宝館~♪」

 ムードたっぷりのテーマ曲が流れる中、「すごーい、大きい!」と、まずは白蛇弁財天で男性器をかたどったエロの神様にお祈り。続いて巫女の美しい後ろ姿が拝める「おみくじ堂」で運試し……出ました! 「大穴」と書いて大吉。
 
 同館の展示は等身大人形を使ったアトラクションを中心に、立体映像や性に関する民具の展示など30以上が並ぶ。どの展示物も性的要素だけでなくユーモアがあり、入館者からは笑いが絶えない。同館の支配人に話を聞いた。
 
「現在の入館者は1日平均で約250人。年間では約9万人です。1996年には16万人という記録も残っていますが、ここ5年間は安定しています。昔より女性のお客様が増えてますね。あくまでも印象ですが、女性の性的なものへの抵抗感がなくなってきたのでは」

 2月半ばには、7年ぶりに2つのアトラクションの新規導入も予定されているという。
 
「内容は来てのお楽しみですが、現代風なアレンジを加えて、誰が見ても楽しめるものになっています。日本で唯一の秘宝館になってしまったが、今後も娯楽性を追求していきたい」(支配人)

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年2月20日号

関連記事

トピックス