• TOP
  • ビジネス
  • キャンピングカー市場が拡大 クルマ旅文化が日本でも定着へ

ビジネス

2015.02.14 07:00  NEWSポストセブン

キャンピングカー市場が拡大 クルマ旅文化が日本でも定着へ

水陸両用のキャンピングトレーラー

 円安などの影響もあり国内旅行人気が再燃する中、自由気ままな“クルマ旅”が満喫できるキャンピングカーが注目されている。

 日本RV協会(JRVA)によれば、国産キャンピングカーの新車出荷台数(2013年度)は、前年比18.9%増の4416台で過去最高を記録したという。年間の販売台数だけ見れば少ないと思うかもしれないが、日本のキャンピングカー総保有台数は8万5200台にも及ぶ。

「日本は欧米に比べてまとまった休暇が取りにくく、キャンピングカーで旅に出る文化がなかなか根付かない面はありました。しかし、有給休暇を年5日義務付ける方針が出されるなど、日本人の余暇に対する時間の使い方も次第に変わってきました。

 また、全国の道の駅やオートキャンプ場などと連携した車中泊公認施設(RVパーク)が年内には100か所ぐらいまで増える見通しで、インフラ整備による車中泊の普及がキャンピングカーのさらなる市場拡大につながっていくと思います」(日本RV協会・矢久保達也事務局長)

 そんな中、2月13日より4日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されている「ジャパン キャンピングカーショー2015」には、最新装備を充実させた約300台の新型キャンピングカーがズラリ。

関連記事

トピックス