• TOP
  • 国際情報
  • 米ロサンゼルスにある中国人妊婦村「月子中心」の実態に迫る

国際情報

2015.03.09 16:00  SAPIO

米ロサンゼルスにある中国人妊婦村「月子中心」の実態に迫る

 気鋭の朝日新聞記者、峯村健司氏が綴った国際ノンフィクション『十三億分の一の男』(小学館)には、中国共産党の核心を突く数多の国家機密が描かれている。そんな機密の一つが米ロサンゼルスにある中国高官の「妊婦村」で専用の宿泊施設「月子中心」。いわば産後ケアセンターの実態について峯村氏が報告する。

 * * *
 ロサンゼルス市中心部から東へ40分ほど高速道路を走ると、高層ビルに遮られていた視界が一気に開け、小高い丘に囲まれた地域に抜けた。

 目的地、ローランドハイツだ。道路脇の店の看板には、中国語看板がやたらと目に付く。しばらく車を走らせていると、横断歩道を十数人の女性が横切った。買い物袋を持った両手で、大きなおなかを抱えるようにゆっくり歩いている。月子中心の妊婦だ──。

 慌てて車を路肩にとめ、後を追いかけた。女性たちは、建物の敷地の入り口にある鉄扉を開け、中に入ってしまった。敷地の周りは2メートルを超える塀に囲まれている。守衛が24時間監視しており、部外者は立ち入れない。

 特にあてもなく月子中心の周辺を歩いていると、中国人カップルに声をかけられた。 「この近くにある月子中心を知りませんか」

 北京から来たという20代の夫婦だ。妊娠中の妻が、ここでの出産を考えており、下見に来たそうだ。案内をするついでに、同行できないか頼んでみると、快諾してくれた。

 夫妻が月子中心の管理者に連絡すると、固く閉ざされていた鉄扉が開いた。

 街路樹を通り抜けると、プールを取り囲むようにコテージが建ち並んでいた。リゾートホテルさながらのたたずまいだ。行き交う住民の多くがおなかの大きい女性で、しかもアジア系ばかりだ。ウェンディーと名乗る北京出身の中国人女性スタッフが敷地内を案内してくれた。

「部屋は全部で208室あり、二人で1部屋を使うの。利用者の多くが中国大陸から来た女性だわ。出産3ヶ月前から滞在する人がほとんどね。毎月の利用料は4800ドル(58万円)で、出産費や航空費を含めた総額は5万ドル(600万円)ぐらいかしら。プライベートの運転手やコック、秘書も付いた40万ドル(4800万円)のVIPコースも用意しているのよ」

関連記事

トピックス